特集

ピーターラビット™のクリスマスキャンペーンにみる、心を動かすクリエイティブとマーケティング戦略【特集第5回】

2018.9.25

Report

Character

エンタテインメントにまつわる様々な分野において幅広いソリューションを提供するソニー・ミュージックコミュニケーションズ(以下、SMC)。本特集では、SMCのカンパニープレゼンテーション「w/」にて行なわれた、様々な事例をテーマに現場の担当者がトークセッションを行なう「Talk Crossing」をレポート。

特集第5回のテーマは、『心を動かすクリエイティブとマーケティング戦略』。

昨年、横浜ランドマークプラザで実施されたクリスマスキャンペーン「Landmark Bright Christmas 2017 ~あなたとピーターラビット™のクリスマスパーティー~」においてSMCは、キャンペーンのコンセプトから、クリスマスツリーの設営をはじめとする館内装飾、期間中の様々なイベント運営などを担当した。"人の心を動かす"ためにどのようなアプローチをとったのか、同事例を通じてSMCのマインドセットを紹介する。

左から SMC インタラクティブソリューションカンパニー DM営業部 マーケティングルーム 高橋聡志 SMC クリエイティブプロデュース本部 スペースプロデュースオフィス 長堀真砂也 SMC クリエイティブプロデュース本部 クリエイティブオフィス Cルーム 大仁田弘志 SMC クリエイティブプロデュース本部 スペースプロデュースオフィス 鈴木康太

左から
SMC インタラクティブソリューションカンパニー DM営業部 マーケティングルーム 高橋聡志
SMC クリエイティブプロデュース本部 スペースプロデュースオフィス 長堀真砂也
SMC クリエイティブプロデュース本部 クリエイティブオフィス Cルーム 大仁田弘志
SMC クリエイティブプロデュース本部 スペースプロデュースオフィス 鈴木康太

思わずシェアしたくなるクリエイティブデザイン

ピーターラビット™は、イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポター™の児童書に登場するキャラクター。日本でも非常に人気が高く、英国王室御用達として上品なブランドイメージを有している。昨年は作者の生誕150周年であり、ピーターラビット™の生まれ故郷であるイギリスの湖水地方が世界遺産に登録されたことでも話題になった上に、ハリウッドで映画化もされたことで大きな注目を集めた。「認知度、イメージ、タイミング、すべてにおいて最適と考え、横浜ランドマークプラザでのキャンペーンに起用した」とクリエイティブを担当した大仁田は語る。

SMC クリエイティブプロデュース本部 クリエイティブオフィス Cルーム 大仁田弘志

原作の絵本には、個性豊かな動物たちが登場し、それぞれ固有のストーリーを繰り広げる。そのため、キャラクターが持つストーリーと矛盾が生じないよう、今回のキャンペーンのストーリー設定を慎重に考える必要があった。結果として、「ピーターラビット™といとこのベンジャミンがクリスマスパーティーを開き、動物たちがそこへ集まってくる」というストーリーを構成することになった。

キャンペーン全体のクリエイティブデザインについて、大仁田の解説をお届けしよう。

ビジュアル

「ビジュアルは、既存のピーターラビット™のアートをクリスマス特別仕様に。オリジナルのタッチを忠実に再現し、違和感のないようにクリスマスのモチーフをプラスしました。メインビジュアルのほかグッズ用など複数のビジュアルを用意し、制作物の形状などを問わず高いクオリティをキープしています」(大仁田)

ソニー・ミュージックコミュニケーションズ カンパニープレゼンテーション「w/」「Talk Crossing」 ピーターラビット™ クリスマス特別仕様

クリスマスツリー

「ツリーのデザインコンセプトは、ピーターラビット™の世界観に合わせてオーソドックスでかわいく、写真を撮りたくなるもの。立体型のキャラクターリースを中央に設置したほか、羊毛フェルト作家YOSHiNOBU氏が制作した人形をツリーの足元に置いたり、キャラクターたちがパーティーの準備をしている映像を流したりと、細部までこだわって作成しました」(大仁田)

館内装飾、グッズ販売

「横浜ランドマークプラザの館内装飾にも力を入れ、ピーターラビット™の世界に入り込んだような写真が撮れるフォトスポットを設置しました。また、キャンペーンのビジュアルを用いたオリジナルグッズも販売し、さまざまなタッチポイントでキャンペーンの魅力を伝えていきました。その結果、多くのお客様がSNSに写真を投稿し、好意的なコメントを寄せてもらいました」(大仁田)

フォトスポット

フォトスポット

オリジナルグッズ

オリジナルグッズ

巨大ツリーに込められた、細やかな空間設計

SMC クリエイティブプロデュース本部 スペースプロデュースオフィス 長堀真砂也

続いて、空間全体のプロデュースを担当した長堀からは、会場の設計およびツリーのディテールについて解説が。

今回のクリスマスキャンペーンでは、ツリーの点灯式イベントが行なわれたこともあり、「単純にどれくらいのサイズのツリーをどこに置くかだけでなく、人が登壇するステージとのバランスや、照明・観覧席の配置、スタッフ・出演者の導線なども考慮し、イベント運営の観点から総合的にプランニングしています」(長堀)

ソニー・ミュージックコミュニケーションズ カンパニープレゼンテーション「w/」「Talk Crossing」 会場の平面図
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ カンパニープレゼンテーション「w/」「Talk Crossing」 ツリーの点灯式イベント

会場の平面図と実際の会場の模様

目玉となるクリスマスツリーは、全長約9m、重量約2t。ホワイト、ゴールド、ピンク、スカイブルーという4色のLEDを散りばめ、あるシーンではスカイブルー、ゴールドといったライトが光ることにより、時間とともに表情が変わる演出方法を採り入れた。なお、スカイブルーのLEDに関しては、ピーターラビット™のイメージをできるだけ再現するため、いくつものサンプルを取り寄せてどの色が良いか比較検討したという。

ソニー・ミュージックコミュニケーションズ カンパニープレゼンテーション「w/」「Talk Crossing」 クリスマスツリー

ツリーの中央に飾った立体型のキャラクターリースは、電飾で光るようになっている。円錐形のツリーに円形のリースをフィットさせるため、3Dの図面をおこして綿密なシミュレーションを行ないながら制作された。

立体型のキャラクターリース

立体型のキャラクターリース

また、通常イベントなどではフェイクの木目材が使われることが多いが、このキャンペーンではツリーの土台に木材を使用。素材の質感にもこだわり、王道感を演出したという。

ツリーの土台の素材にもこだわりが

ツリーの土台の素材にもこだわりが

ツリーの周りを彩る造作(建造物を構成する部材や設備のこと)も細部にまで工夫を凝らしている。
原作に登場する作者の家のモチーフを忠実に再現し、猫のキャラクター・タビタとトムの親子のフェルト人形がまるでツリーに住んでいるかのような造作を演出として行なった。他にも、ピーターが住んでいるほら穴を覗くと、家族がクリスマスの飾りつけをしているアニメーション映像が見えたり、小物のジオラマはスケールだけでなく角度まで忠実に原作を再現するなど、こだわりがたっぷりと詰まっている。

「ディテールへのこだわりは、集客や売上などの数字には表われないかもしれません。それでも細部まで徹底して作り込むのは、人の記憶に残るから。訪れた方々に記憶を持ち帰っていただくこと、『来年もここに来よう』と思っていただくことが、エンタテインメントデザインにおいて最も重要だと考えています」(長堀)

心を動かし、行動につなげるマーケティング戦略

今回のキャンペーンのマーケティングを担当した高橋は、限られた予算の中で最大限の成果を出すため、「このプロジェクトではデジタルファーストでメディアバイイングを行なうことが最適と考えました」と話す。

テクノロジーの発達により情報伝達のパーソナライズが進んだため、今では「この人にはこの情報を」とターゲット毎に最適な広告を打つことができる。今回で言えば、どの広告に触れた人が実際に何人来場したのかまでトラッキングすることが可能だ。

広告予算配分の比較。他社が手掛けた前年(白)に比べ、デジタル広告の投入を強化

広告予算配分の比較。他社が手掛けた前年(白)に比べ、デジタル広告の投入を強化

予算配分を見直した結果として、デジタル広告のクリック率は前年比約400%に向上、クリック単価は前年比約1/5のコストダウンを実現。高い費用対効果を出すことに成功したという。

SMC インタラクティブソリューションカンパニー DM営業部 マーケティングルーム 高橋聡志

「来場を促すだけでなく、売上につなげることに関しても我々はしっかり寄り添っています。消費者の心をどれぐらい動かし、購買行動までつなげることができるか、そこをゴールと設定して、マーケティング施策を打っています」(高橋)


最後に、高橋は次のように締めくくった。

「ビジネスサクセスのために、クリエイティブとマーケティングの両軸をバランス良く回す。そのための機能がSMCには備わっています。我々は、感性をデータで疑い、データを感性で疑うことでコミュニケーションがより洗練されていくのではないかと考えています。今後の案件でも、こういったスタンスで取り組んでいきたいと思います」。

誰もが足を運びたくなる場を作るだけでなく、訪れた人に感動をもたらし、記憶に残る空間をデザインする。それは隅々までこだわりが行き届いているからこそ実現するのだろう。

ピーターラビット™日本公式サイトはこちら

 

特集バックナンバー

特集1回目『音声合成技術が切り拓く、新時代のキャラクタービジネス』
特集2回目『大型イベントを成功させる秘訣とは?運営事務局ビジネスでそのメソッドを解く』
特集3回目『宇多田ヒカル歌詞サイトができるまで』
特集4回目『ピーナッツファンに愛される「スヌーピーミュージアム」グッズ開発秘話』
特集6回目『男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」における挑戦』
特集7回目『ソニー・ミュージックコミュニケーションズの空間プロデュース』
特集8回目『CDジャケット、MV、歌詞カードを連動――BURNOUT SYNDROMESの楽曲が持つ世界観を深める手法とは?』

注目記事

Pickup

関連サイト

Related Sites

閉じる