CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

プロデューサー クライヴ・デイヴィス、アレサ・フランクリンの未発表曲を配信リリース

2020.06.19

当時のレコーディング素材をソロバージョンにリメイク

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大や人種差別に反対するデモ運動が拡大するなか、急遽伝説のプロデューサー クライヴ・デイヴィスが2018年に亡くなったソウルの女王 アレサ・フランクリンの未発表曲を発表し、本日から配信リリースされている。

発表された楽曲「Never Gonna Break My Faith」は、ロバート・F・ケネディ米上院議員(J・F・ケネディ米大統領の実弟)の暗殺事件を描いた映画『ボビー』(2006年)の主題歌としてブライアン・アダムスらが書き下ろしたゴスペル曲。当時はメアリー・J・ブライジとのデュエットバージョンで発表されたが、今回はブライアンが当時のレコーディング素材を使い、改めてアレサ・フランクリンのソロバージョンにリメイクされたものがリリースされた。

ボーイズ・クワイアー・オブ・ハーレムによる荘厳なコーラスをバックに、祈りを捧げるアレサの歌声は多くの人々の心に響くに違いない。
 

アレサ・フランクリン

1942年、アメリカ・テネシー州メンフィス生まれ。
ミシガン州デトロイトで育つ。幼い頃に両親は離婚し、アレサは有名な説教師であり、公民権運動活動家でもあった父親、C・L・フランクリンのもとで育てられた。
 
1961年、コロンビア・レコードからデビュー、その後1967年にアトランティック・レコードに移籍。
 
ゴスペルをベースにした力強い歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”と呼ばれ数々の名曲・名演を残した。
 
1980年、名プロデューサー クライヴ・デイヴィス率いるアリスタ・レコードに移籍。「Jump To It」、「Freeway Of Love」、「I Knew You Were Waiting (For Me)」など、ポップチャートでもヒットを放ち、第2の黄金期を迎えた。
 
これまでにグラミー賞を20回受賞しているほか、女性アーティスト初の「ロックの殿堂入り」を果たした。また、ローリングストーン誌で「歴史上もっとも偉大なシンガー」の第1位に輝いている。
 
2018年8月16日、デトロイトの自宅で亡くなった。享年76歳。

クライヴ・デイヴィスコメント

楽曲の配信と同時に、現在の状況を憂うクライヴ自身のメッセージも発表された。

世界は今や大きく変わりました。変化はあらゆる場所で起こり、誰もができるだけ前向きに変化を進められるよう最善を尽くしていることでしょう。いま音楽が大きな役割を果たしている中で、私から皆さんへこの曲をご案内させていただきます。この楽曲は2006年、ロバート・ケネディの人生を描いた映画『ボビー』の為に偉大なアーティスト/作曲家であるブライアン・アダムスと共作されたものです。映画用には(アレサとメアリー・J・ブライジの)デュエットで録音されましたが、シングルとしては発売されませんでした。今回、ブライアンはこの曲を女王、アレサ・フランクリンのソロ・バージョンに作り直して私に送ってくれました。すばらしいパフォーマンスです。そして歌詞を読んでいただければ、今日起きていることとも繋がり、身体の芯まで震えることでしょう。歌詞の一部を引用します。

“主よ、彼らを無知から救ってあげてください
誰かが無実の者の命を奪っても
決して勝利することなどできないということを
彼らが成しえたことは魂を解き放つことだけ
その魂をあるべきところに“

どうかこの録音を聴いてください。アンセムにふさわしいものです。
―――クライヴ・デイヴィス

LETTER FROM CLIVE:
The world is very different now. Change is everywhere and each of us, hopefully, is doing the best he or she can to move forward and make change as positive as possible. Music can play a major role here and, in that connection, I bring to your attention the attached. It is of a song from 2006 co-written for the movie on the life of Bobby Kennedy by the great artist, songwriter Bryan Adams. For the movie, it was recorded as a duet, but it was never released as a single. Bryan just sent me the song done as a solo by the Queen herself, Aretha Franklin. The performance is chilling. And when you read the song’s lyric, and its relevance to what’s happening today, it will shake every fiber in your body. A sample from the lyric is:

“My Lord, won’t you help them to understand
When someone takes the life of an innocent man
Well they've never really won
Cause all they've really done is set the soul free
Where it's supposed to be”

Everyone should hear this record. It deserves to be an anthem.

Best always,
Clive Davis
 

クライヴ・デイヴィス

1932年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。
 
1967年、当時35歳という若さで米・コロンビア・レコードの社長に就任。1975年にはアリスタ・レコードを創立し、現在はソニー・ミュージックエンタテインメントの制作部門の最高責任者(CCO)を務めている。
 
これまでプロデューサーとして、ホイットニー・ヒューストンやアリシア・キーズ、サンタナ、ブルース・スプリングスティーン、パティ・スミス、シカゴ、ジャニス・ジョプリン、サイモン&ガーファンクル…など錚々たるアーティストの才能を見出し、数え切れないほどのヒット曲を生み出している。

リリース情報

「Never Gonna Break My Faith」
【配信限定】
発売日:6月19日(金)
配信・再生はこちら

関連サイト

公式WEBサイト(英語):https://www.arethafranklin.net/
公式WEBサイト(日本語):https://www.sonymusic.co.jp/artist/arethafranklin/

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories