CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

遥海、新曲「スナビキソウ」8/6配信リリース決定

2021.08.03

NHK「みんなのうた」8~9月の新曲としてオンエア

NHK「みんなのうた」8~9月の新曲としてオンエアされている遥海の新曲「スナビキソウ」が、8月6日(金)より配信リリースされることが決定した。

この楽曲は、塩辛い砂浜でも健気に咲く白くて可憐な“スナビキソウ”のように、厳しい環境のなかでも決して諦めずに自分のやるべきことに邁進する人々の姿がテーマになっている。

このテーマを歌で届けるために、遥海のボーカルとギターというシンプルな構成にし、ライブさながらの臨場感を出すために一発どりでレコーディングを行ない、遥海の歌のもつ優しさや力強さが存分に堪能できる音源に仕上がった。

 

遥海

日本とフィリピンでの生活で培ったさまざまな音楽的バックグラウンドと、喜怒哀楽の豊かな感情を声にのせ、日本語、英語を使ってハイブリッドに表現するシンガー。
 
3歳よりクワイヤに参加して自然と音楽の道へ。13歳のときに日本語がわからないままフィリピンから日本へ移住。言葉の壁につまずきながら葛藤し、必死で言葉を伝えようとするうちに“言葉を歌で伝える”アーティストへと成長。その過程で、世界的オーディション番組の日本版「X FACTOR OKINAWA JAPAN」にチャレンジして注目を集めると、その後さまざまなメディアでその歌声はもちろんのこと、“心から歌っている”と表現力の高さを評価される。
 
2018年4月には、クラウドファンディングにてZepp DiverCity Tokyoでのライブを支援するプログラム「Road to Zepp」の第1弾アーティストに選出。予想より早く目標額を達成し、満員の観客の前でパフォーマンスを披露。同年8月、単身で本場の「The X Factor UK」に挑戦し、惜しくもステージ4で涙をのんだ。この経験をバネに、翌2019年には自身初の東名阪ワンマンライブツアーを開催し、配信限定EP「MAKE A DIFFERENCE EP」、CD「CLARITY」をリリース。
 
2020年5月、シングル「Pride」でメジャーデビュー。11月には、ニューヨーク発祥のミュージカル『RENT』の日本版公演にスパニッシュ系のダンサー ミミ役で出演した。
 
2021年、8~9月『みんなのうた』を「スナビキソウ」で初めて担当。8月27日にはワンマンライブの開催が決定し既にSOLD OUT。また、9月3日公開『科捜研の女 -劇場版-』の主題歌に「声」が決定している。

リリース情報

「スナビキソウ」
作詞:Soflan Daichi 作曲:安岡洋一郎 アニメーション:今林由佳
配信日:8月6日(金)
配信・再生はこちら

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!