リーガルリリー、初の配信限定シングルとなる新曲「風にとどけ」リリース

2021.08.05

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
イメージ画像

さまざまな風の表現とともにエモーショナルに愛を歌ったミュージックビデオも公開

リーガルリリー初の配信限定シングルとなる新曲「風にとどけ」がリリースされ、併せてミュージックビデオが公開された。

「風にとどけ」ミュージックビデオ

「風にとどけ」は、たかはしほのか(Vo./Gt.)が紡ぐ愛の歌を疾走感あふれるバンドサウンドに乗せてとどけるエモーショナルなロックチューン。向かい風、追い風、すきま風など、さまざまな風の表現とともに愛をつづった文学的な歌詞と、解放感のあるサビや夏らしく焦燥感を帯びたオルタナティヴなロックサウンドが調和した楽曲だ。SNSでは写真家・小見山峻による作品とコラボしたリリック動画が連日投稿されるなど、ファンの間で話題になっていた。

公開されたミュージックビデオは、快晴の空のもと風になびく純白の布を背に演奏するシーンが印象的で、ジャケットアートワークにもなっている「紙飛行機」をモチーフにしたシーンなど、風を感じさせる演出が随所に散りばめられた映像に仕上がっている。

前作「the World」では「東京」「地獄」「天国」という楽曲で、この世界の現実とファンタジーの狭間をシニカルに表現したリーガルリリー。今回の作品では、よりパーソナルな視点で歌詞がつづられ、彼女たちが表現する“愛の歌”を楽しむことができる。

【たかはしほのか(Vo./Gt.) 散文コメント】
「風にとどけ」

やめられないことが増えていった
それは私をやめないために

そんな気持ちは私に、
音楽を作らせる。
友達に合わせる。
恋人に会わせる。

さびしい気持ちは感動の入り口で
向かい風と私の両手が舵を切る

乗りたいな。

 

リーガルリリー

たかはしほのか(Vo./Gt.)、ゆきやま(Dr.)、海(Ba.)からなる、東京都出身スリーピースバンド。
 
高校在学時より注目を集め、国内大型フェスや海外でもライブ出演を果たす。
 
2019年、アメリカで開催された世界最大級の音楽フェスティバル「SXSW 2019」に出演。さらに、映画『惡の華』主題歌「ハナヒカリ」をリリースし、初めての中国ツアーも全公演SOLD OUTとなった。
 
2020年2月、1stフルアルバム『bedtime story』をリリース。
 
2021年4月、1st EP「the World」をリリース。そして8月4日には、初の配信限定シングルとなる「風にとどけ」をリリースした。
 
轟音のなかから深く問いかけてくる歌詞と、衝動的なライブパフォーマンスを武器に、同世代のロックシーンのなかでひときわ異彩を放っている。

リリース情報

「風にとどけ」
配信日:8月4日(水)
配信・再生はこちら

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!