CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」にDJ Mitsu the BeatsやPistachio Studioらが参加

2020.04.22

Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」のために書き下ろされた新曲発表

3月21日に公開された、24時間365日オリジナルアニメーションとチルアウトミュージックを世界に配信するLo-Fi Beatsチャンネル「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」。

YouTubeでは世界から視聴者を獲得し、Spotifyでは「Work from Home」「チルアウト」「アニメ」といったハブで世界掲載されるなどの展開を見せている。

そんな「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」にDJ Mitsu the Beatsが参加し、本チャンネルのために書き下ろされた新曲が本日発表された。この楽曲は本日よりYouTubeチャンネル上で聴くことができる。

ほかにもキュレーターとして音楽レーベルPistachio Studioより、ryo takahashi、TiMT、TOSHIKI HAYASHI(%C)、ニューリーらが参加することが発表された。

【新規収録曲】
DJ Mitsu the Beats ― halo
ryo takahashi ― current
ryo takahashi ― shuffle
TiMT ― Bird's Eye
TiMT ― Dazed
TOSHIKI HAYASHI(%C) ― hands
TOSHIKI HAYASHI(%C) ― rose
TOSHIKI HAYASHI(%C) ― doowop
ニューリー ― Dee
ニューリー ― interfere
 

DJ Mitsu the Beats

ビートメイカー、DJ、プロデューサー、リミキサー。
 
2003年、ソロアルバム「New Awakening」をリリース。海外アーティストと積極的にコラボレーションを行なう。2004年、L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出され、アメリカやヨーロッパツアーだけでなくアジア圏でも成功し、海外でもその人気、認知度は高騰。
 
2014年、世界クラブミュージック動画配信メディア「Boiler Room」が初の東京中継し、DJ Mitsu the Beats のDJプレイをライブ配信。アーカイブ化されたその動画は長時間にも関わらず異例の約57万回以上再生された。
 
2018年1月、自身が所属するヒップホップユニットGAGLE6枚目のアルバム「VANTA BLACK」をリリース。
 
2020年2月に最新ソロアルバム 「ALL THIS LOVE」をリリースしたばかりだ。

YouTubeで観ることができるループアニメーションも更新され、「はんだ付けをしている少女」の動きが増えるなど、部屋の模様も少し変化している。

ポストアポカリプスを想起させるメッセージとともに届けられるアニメーションにも注目だ。
 

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」とは

ソニー・ミュージックレーベルズが手掛けるアニメーション・楽曲を軸とするLo-Fi Beatsチャンネルである。
 
「チルアウト」の空気を共有する動画・世界観とともに心地の良い音楽を24時間365日配信している。YouTube、Spotifyなどのプラットフォームで公開中。

 
 

Lo-Fi Beatsとは

インターネット上で生まれたChill Hopとも言われるインストゥルメンタル(※)音楽。YouTube チャンネルやSpotify にプレイリストがあり、YouTube Live上では常時1万人以上が滞在している。
 
※インストゥルメンタル:ボーカルのない音楽

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!