amazarahsi、最先端のパフォーマンスアートをオンラインで完全再現――書き下ろし新曲の弾き語り自宅ライブも配信

2020.06.03

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

スマートフォンを使った舞台演出を再現

amazarashiがデビュー10周年を迎える6月9日(火)に、『朗読演奏実験空間“新言語秩序” Ver. 1.01』が期間限定で無料配信されることが決定した。

第23回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門をはじめ世界各地の数々のクリエイティブアワードを受賞した自身初の武道館公演のオンライン配信である。

メディア芸術祭の受賞理由ともなった、オーディエンスとアーティストの新たな関係性を生んだスマートフォンを使った舞台演出を再現。演出に使われたスマートフォンアプリ「新言語秩序」は、今回の配信用にアップデートされ、当時ライブに参加していなくてもすべてのコンテンツが楽しめる。

ライブ映像の配信後には、今回のために書き下ろされた楽曲「令和二年」を含む3曲の弾き語り自宅ライブが、秋田ひろむによって特別配信される。

さらに、2018年の武道館公演でも販売したLyric Tシャツのver1.01 や、今回の配信のためにYKBX氏が書き下ろしたイラストをデザインしたTシャツなどのオリジナルグッズが、6月4日(木)18:00から数量限定で販売される。この公演で販売されるグッズの収益の一部は国立国際医療研究センターに寄付される。
 

武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』とは

 
2018年11月16日に開催され、総数2万人を動員した自身初の武道館公演に向けたプロジェクトである。
 
言葉が禁止されたディスピアという公演コンセプトを現実化。小説をはじめ、新曲、ミュージックビデオ、ゲリラショップといったあらゆる表現物を、検閲された状態でリリース。同時に、検閲を解除できるアプリを配布して、ファンはレジスタントとしてプロジェクトに参加した。
 
公演当日は、1万台を超えるスマートフォンのフラッシュとステージの四方を囲むスクリーンを同期させて、検閲解除をスペクタクルとして展開。通常は一夜限りで終わってしまうライブを、1カ月におよぶ参加型の音楽体験に変えた本プロジェクトは、ファンからもメディアからも絶賛され、多くのアワードを受賞した。

『朗読演奏実験空間“新言語秩序” Ver. 1.01』 概要

開催日時:6月9日(火) 19:30 開場/20:00 開演
開催場所:amazarashi Official Youtube Channel

【スマートフォンアプリ「新言語秩序」】
『新言語秩序 Ver. 1.01』と連動するAndroid/iOS アプリです。
・ライブ映像とスマホを組み合わせた舞台演出をお楽しみいただけます。
・秋田ひろむが武道館公演に合わせて書き下ろした小説『新言語秩序』を全編閲読いただけます。
・武道館ライブフォトをご覧いただけます。
・検閲解除済みの『リビングデッド』MVをご覧いただけます。
・検閲解除済み『独白』音源を試聴いただけます。
 
ダウンロードはこちら
 
 
【新オリジナルグッズ New Logos Order Ver. 1.01】
 
■New Logos Order Ver. 1.01 MASK(Black)
■New Logos Order Ver. 1.01 MASK(White)
販売価格:2,500円(税込)
free size 男女兼用(ユニセックス)
3D Mask
Flex Move(国際特許取得)+3Dフェイスガードの2重構造
Made in Japan
 
■New Logos Order Ver. 1.01 Lyric T-shirt(Black)
■New Logos Order Ver. 1.01 Lyric T-shirt(White)
販売価格:4,500円(税込)
サイズ:M/L
M:身幅51cm/身丈80cm/袖丈20cm
L:身幅54cm/身丈83cm/袖丈21cm
※ロング丈のTシャツとなります。
素材:綿100%
 
■New Logos Order Ver. 1.01 character T-shirt(Black)
■New Logos Order Ver. 1.01 character T-shirt(White)
販売価格:3,500円(税込)
サイズ:S/M/L/XL
S:身幅47cm/身丈65cm/袖丈19cm
M:身幅50cm/身丈68cm/袖丈20cm
L:身幅53cm/身丈71cm/袖丈21cm
XL:身幅56cm/身丈74cm/袖丈22cm
素材:綿100%
 
購入はこちら

 

秋田ひろむ コメント

『新言語秩序』は、一般市民同士の相互監視によって言葉が奪われた社会を描いています。
このテーマが時を経て、より深刻に感じられてしまう今の社会のムードが悲しいです。
amazarashiは希望を歌ってきましたが、それは人間の良心に依拠した僕の幻想にすぎません。現実は僕の想像よりずっと無情だったように思います。
この作品を通して、心の中に自問自答や葛藤のようなものが芽生えてくれたら、それが巡り巡ってどこかの誰かの希望になりえるのではないかと、そうであってほしいと願っています。
 

amazarashi

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。
 
日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨にたとえ、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

関連サイト

Official web:http://www.amazarashi.com/
Facebook:https://www.facebook.com/amazarashiofficial
Twitter:@amazarashi_info
mobile モバイルサイト「apologies」:http://m.apologies.jp/
Instagram:@amazarashi_official
LINE ID:@amazarashi

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!