“JABBA DA FOOTBALL CLUB” JUQI、初EP「LuckySeven EP」を12/16配信リリース

2020.12.15

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
イメージ画像

リード曲はカップルにとって「自分たちの曲」になること間違いなしの仕上がり

4人組ラップグループ JABBA DA FOOTBALL CLUBのJUQI自身初となるEP「LuckySeven EP」が、12月16日(水)に配信リリースされることが決定した。

リード曲「ラッキーセブン」は、“ふたりでいれば、何が起きたって大丈夫!”という恋人やパートナーとのポジティブな関係性がポップなトラック乗せて表現され、カップルにとって「自分たちの曲」になること間違いなしの楽曲に仕上がっている。

また、JUQIがソロ活動を本格化させる前から存在していた「Crush」は、ファンから音源化が熱望されていた楽曲で、ムーディーで浮遊感のあるトラックと相反するスピード感のあるフロウが特徴の失恋ナンバーである。

そのほかラッパーとしての現在地、モチベーションを歌った「Here I Am」に加え、既発シングル「Bye again」「Miss Untouchable」も収録される。

 

JUQI (ジュキ)

4人組ラップグループ JABBA DA FOOTBALL CLUB(通称:ジャバ)のメンバー。
 
細身ですっきりした目鼻立ちのイケメン担当。一度聴いたらクセになる声質と流れるようなフロウは、歌ものへの親和性も高い。
 
2020年7月、配信シングル「Bye again」でソロメジャーデビュー。そのほか、ヒプノシスマイクへの提供曲「School of IKB」では作詞を、YOASOBIを輩出した小説投稿サイト‟monogatary.com”主催のコンペ「モノコン2020」のAMAOTO賞テーマソング「LOVE SONG feat. JUQI」にゲスト参加するなど活動の幅を広げている。ジュビロ磐田のコアサポーター。

 
 

JABBA DA FOOTBALL CLUB

2014年結成。インディーズ活動中に、Spotifyの注目新人“Early Noise”への選出とイベント第1弾アーティストとして出演、サマーソニックやフジロック、ベイキャンプなどの大型フェスへの出演を果たし、タワレコメンにも選出。
 
バンドシーン・ヒップホップシーンの垣根なく活動する無二の存在となる。
 
2019年、EP「DON'T WORRY, BE HAPPY」をリリースし、それまで在籍していたレーベルOMAKE CLUBを卒業。同年6月にソニーミュージックよりシングル「新世界」でメジャーデビュー。その後、12月にはヒプノシスマイクへ楽曲を提供し、iTunes総合チャートやオリコンチャートで1位となった。
 
2020年3月、最新シングル「国道9号線」をリリースしたほか、メンバー ROVINがBuddyとのWネームEP「The Outer Worlds」やソロシングル「Thinking about You feat. Kick a Show」をリリースするなど、ソロ活動も積極的に展開中。

リリース情報

「LuckySeven EP」
配信日:12月16日(水)
1.ラッキーセブン
2.Miss Untouchable
3.Bye again
4.Crush
5.Here I Am

「Miss Untouchable」
配信日:10月7日(水)
配信・再生はこちら

「Bye again」
配信日:7月22日(水)
配信・再生はこちら

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!