CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

TK from凛として時雨、12/25 配信ライブ『TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session for 0』開催

2020.12.23

TK自らがアレンジを施し最新アルバムからも選曲されたスペシャルセットリスト

TK from 凛として時雨にとって初のアコースティック編成による配信ライブ『TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session for 0』が、12月25日(金)20:30から開催されることが決定。12月22日からチケットの発売が開始されている。

この配信ライブは本日12月23日にツアーファイナルを迎える Billboard Liveでの公演『TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session vol.2』と同じ編成で行なわれる。すべての楽曲にTK自らが原曲とは違うアレンジを施し、4月にリリースされた最新アルバム『彩脳』からも選曲されたスペシャルセットリストとなっている。アコースティックアレンジで生まれ変わるTKの楽曲と、最勝監督が描く映像美をぜひ体感してほしい。

『TK from 凛として時雨 Acoustique Electrick Session for 0』

販売期間:12月22日(火)12:00 ~ 12月28日(月)23:00
配信日時:12月25日(金)20:30 ~
アーカイブ視聴期間:12月28日(月)23:59まで
配信チケット:3,000円 ※別途決済手数料
 
Support Member
Drums:BOBO Bass:吉田一郎不可触世界 Piano:ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。) Violin:須原杏

『feat. CARS』とのコラボレーションミュージックビデオ公開

さらに、コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.が手掛ける、世の中に存在するクルマをモチーフとした楽曲をミュージックビデオ化する『feat.CARS(フィーチャリングカーズ)』プロジェクト第5弾に、TK from凛として時雨が抜擢。2014年にリリースされた楽曲「Dramatic Slow Motion」を新録し、「Dramatic Slow Motion(Reconstructed 2020)」として新たにデジタルリリースされ、ミュージックビデオが公開された。

このミュージックビデオはトヨタ自動車のスポンサードにより制作されたもので、GEEK PICTURESの荒伊玖磨を監督として迎え入れ、ドライブによって移ろいゆく男女の心情の機微がエモーショナルに表現された作品となっている。

【荒 伊玖磨 コメント】
車は点から点へ移動する単なる手段ではなく、点と点を結ぶ線だと思います。
点だけではなく、車にはその線の中にも物語があり、その物語は車でなければ体験できないからこそ、車の思い出は色濃く残るのかなと。
これはそんな思い出を進んでいくような、振り返っていくような、妄想を描いていくような映像です。

 

荒 伊玖磨

監督/1991 年 東京生まれ/GEEKPICTURES 所属
 
ポップ&シュールをモットーとした映像を演出している。
 
主な仕事にSUNTORY、ソフトバンク、花王、東京ガス、Audi、mixi、Amazon、ポケモンなどのCM、日向坂46、凛として時雨などのミュージックビデオがある。
 
【受賞歴】
ADFEST2017 FILM CRAFT LOTUS [BRONZE] - GORE-TEX「CROSSOVER BEATS」
LIA 2019 [SILVER] - The Reborn Light

リリース情報

「Dramatic Slow Motion(Reconstructed 2020)」
配信日:12月23日(水)
配信・再生はこちら

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!