音で読む物語『ヨムオト』プロジェクト始動──SNS人気漫画家とソニーミュージック新人アーティストが異色のコラボ

2021.04.01

  • Twitterでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Facebookでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • LINEでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • はてなブックマークでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Pocketでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
イメージ画像

ジャンルの異なる若いクリエイターの才能が呼応し新たな作品が生み出される

SNSの人気漫画家とソニーミュージックの新人アーティストという異色のコラボによる、音で読む物語『ヨムオト』プロジェクトが始動。3月31日より順次配信される。

『ヨムオト』プロジェクトは、SNSで話題となった漫画作品を題材とし、ソニーミュージックの新人開発セクションであるSDグループ育成中のアーティストがオリジナル楽曲を書き下ろし、原作の漫画を活用したミュージックビデオとともに配信を行なうプロジェクトだ。新進気鋭のアーティストとSNSで多くの支持を得ている漫画家というジャンルの異なる若いクリエイターがコラボレーションすることで、互いの才能が呼応し新たな作品が生み出されていく。

公開スケジュール(予定)

■3月/31日(水)~
「ねこでよければ」
やまもとりえ(漫画)×mibuki(楽曲)
「もし好きと言ったら君は笑ってくれるかな」
ますだみく(漫画)×水谷 怜(楽曲)
 
■4月7日(水)~
「massege」
埜生(漫画)×小玉ひかり(楽曲)
 
■4月14日(水)~
「1%ORANGE sideA」
羊の目。(漫画)×づみゅーじっく(楽曲)
 
■4月21日(水)~
「青春カフェテリア」
雨宮うり(漫画)×西山晃世(楽曲)
 
■4月28日(水)~
「好きっていうのに、言葉はいらない」
佐木郁(漫画)×鈴木花歩(楽曲)
 
■5月5日(水)~
「自分の顔が嫌すぎて整形に行った話」
愛内あいる(漫画)×ayaka.(楽曲)
 
■5月12日(水)~
「Spring Flower」
泡沫(漫画)×3grass(楽曲)
 
■5月19日(水)~
「匂いとか思い出の消し方とかわからないから、上書き保存できたらいいのに」
ますだみく(漫画)×モノンクル(楽曲)

『ヨムオト』プロジェクト第1弾公開作品(2作品同時公開)

■ヨムオト#1
「もし好きと言ったら君は笑ってくれるかな」

ますだみく(漫画)×水谷 怜(楽曲)
配信・再生はこちら(新しいタブで開く)

 

ますだみく

漫画家・イラストレーター。男女の恋愛をテーマに、映画のワンシーンを切り取ったような情景と印象的なセリフが話題となり、Instagramで10万人近いフォロワーを持つ。
「もし好きと言ったら君は笑ってくれるのかな」「匂いとか思い出の消し方とかわからないから、上書き保存できたらいいのに」書籍化。

 

水谷 怜

中学生のころよりギターを始め、自作曲を作り始める。大学2年生のときにアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入。
現在、オリジナル曲は30曲を超え、オリジナルCD4枚を発売、さらに自身のYouTubeチャンネルで毎週末動画を公開し精力的な活動を見せている。

■ヨムオト#2
「ねこでよければ」

やまもとりえ(漫画)×mibuki(楽曲)
配信・再生はこちら(新しいタブで開く)

 

やまもとりえ

Instagramで18万人超のフォロワーを持つ大阪在住イラストレーター・漫画家。2人の息子の成長を綴ったコミックエッセイ「お母さんは心配症!?」や既婚と未婚それぞれの視点を描いた「Aさんの場合。」など、等身大の漫画を描いている。
現在はホーム社「ねこねこ横町」で「ねこでよければ」を連載中。

 

mibuki

メッセージ性を武器にギター一本で活動。ソニーミュージックのセミナー型オーディションtheLESSONに参加し曲作りについて学ぶ。片平里菜の夏歌コンテスト優秀賞。

  • Twitterでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Facebookでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • LINEでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • はてなブックマークでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Pocketでこのページをシェアする(新しいタブで開く)

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

  • Sony Music | Tech Blogバナー

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!