CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

テイト・マクレー×カリード、夏にぴったりなコラボ曲「ワーキング」リリース

2021.06.25

ふたりが共演した爽やかさあふれるミュージックビデオも公開

唯一無二の歌声で世界を魅了しているシンガーソングライターのカリードとカナダ出身弱冠17歳の期待の新星 テイト・マクレーによるコラボシングル「ワーキング」がリリースされ、ふたりが共演したミュージックビデオも公開された。

テイトは新曲について「カリードも私も夏にピッタリな1曲をつくりたかったの。だからみんなが気に入ってくれるといいな。今年の夏、車の中で爆音で流してね!」とコメント。テイトのハスキーな女性ボーカルにカリードの心地よい低音が重なり、夏にぴったりの爽やかなポップソングが誕生した。

赤裸々な歌詞や哀愁漂う渋い歌声や透き通るようなファルセットを巧みに使い分けるスタイルで人気アーティストとしての地位を築き上げているカリード。R&Bアーティストでありながら、その人気はジャンルの壁を超え、これまでさまざまなアーティストとのコラボを実現してきた。そんな彼と今回タッグを組むのが、2020年にリリースされたシングル「ユー・ブローク・ミー・ファースト」が全世界累計8億回再生を記録しているカナダの期待の新星 テイト・マクレーだ。3月には2nd EP「トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド」がリリースされ、4月にはDJ リガードとシンガーソングライター トロイ・シヴァンとのトリプルコラボ曲「ユー」が配信されている。

そんなZ世代のなかでも勢いのあるふたりが共演するミュージックビデオでは、プールで遊んだり、ハウスパーティを開くなど、高校卒業後の夏を満喫してるテイトやカリードたちの様子が描かれている。青春の1ページを切り取ったような爽やかさにあふれたこの曲が、この夏の暑さを吹き飛ばしてくれることを期待したい。

「ワーキング」ミュージックビデオ

 

カリード (Khalid)

 
1998年2月11日生まれ、アメリカ・ジョージア州出身の天才シンガーソングライター。
 
2017年3月、ヒット曲「ロケーション」「ヤング・ダム&ブローク」などを収録したデビューアルバム「アメリカン・ティーン」をリリース。10代らしい等身大の恋愛やSNS、人生を赤裸々に語った歌詞や、現在ザ・ウィークエンド、フランク・オーシャンらの活躍で次世代R&Bの形として現在世界中のトレンドとなっている“オルタナティブR&B”を軸にしたサウンドで若者の心をつかむ。
 
第60回グラミー賞で主要部門<最優秀新人賞>含む計5部門にノミネート。これまでにエド・シーラン、ショーン・メンデス、ビリー・アイリッシュ、マーティン・ギャリックス、カルヴィン・ハリス、ホールジーなどさまざまなアーティストとコラボしている。
 
2018年5月、ビルボードミュージックアワードで<最優秀新人賞>受賞。10月、配信限定EP「サンシティ」をリリースし、直後に東京新木場STUDIO COASTで初来日公演を開催。
 
2019年4月、2ndアルバム『フリー・スピリット』をリリース。4月20日付けの全米アルバムチャートで初登場1位を記録。タイムス誌が発表する「世界で最も影響力のある100人」のリストに選出。5月、Spotify上の月間マンスリーリスナー数が5,000万人を突破し、世界1位を獲得。
 
2020年2月、ディスクロージャーと二度目のタッグを組んだ新曲「ノウ・ユア・ワース」をリリース。9月にリリースされたアリシア・キーズのアルバム『アリシア』にゲスト参加。2021年4月にはJ.バルヴィンとのコラボ曲に参加している。

 
 

テイト・マクレー (Tate Mcrae)

 
カナダ出身、2003年生まれ。シンガーソングライター/ダンサー。楽曲累計再生回数は18億回を超えている。
 
7歳で自身のYouTubeチャンネルを立ち上げ、ダンスなどの動画投稿を開始。翌年には本格的にダンスの競技の世界にのめりこみ、13歳でアメリカの人気ダンスオーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル/So You Think You Can Dance』に出演し、見事準優勝。ジャスティン・ビーバー本人に選ばれたキッズダンサー4人のうちのひとりとして『Purpose World Tour 2016』に出演。
 
2017年、初めて書き上げたオリジナルソング「One Day」を投稿。1時間で書き上げたというこの曲の動画は3,500万回再生を超えており(2021年現在)、彼女のシンガーソングライターとしての才能を見せつけた。
 
2019年、レコード会社11社による争奪戦の末、米RCARecordと契約を結び本格的にアーティストとしての道を歩み始めた。RCAとの契約を発表した8月28日に、記念としてビリー・アイリッシュとフィネアス作詞・作曲の「tear myself apart」をリリース。
 
2020年1月、デビューEP「all the things i never said」をリリース。同年4月に発表したシングル「ユー・ブローク・ミー・ファースト」がTikTokなどをきっかけに世界中でヒットに。新型コロナウイルスの影響でカナダの実家に戻った際に友人とともにiPhoneで一発撮り撮影したミュージックビデオも現在8,000万回再生を超えている。
 
「2020 MTV VMA」では<最優秀MTV PUSH新人アーティスト賞>、「2020 MTV Europe Music Awards」では<最優秀"MTV PUSH"賞>にノミネートされ、さらに米ビルボードが選ぶ「21 Under 21 Ones To Watch」や米フォーブスが選ぶ「Forbes 30 Under 30」にも音楽カテゴリーで選出された。
 
2021年3月、セカンドEP「トゥー・ヤング・トゥー・ビー・サッド」をリリース。Apple MusicにてApple Nextに選出され、独占インタビュー映像も公開された。

リリース情報

テイト・マクレー×カリード | Tate McRae × Khalid
「ワーキング | Working」
配信・再生はこちら

関連サイト

カリード
ソニーミュージックによる日本公式サイト:https://www.sonymusic.co.jp/artist/khalid/
 
テイト・マクレー
ソニーミュージックによる日本公式サイト:https://www.sonymusic.co.jp/artist/tatemcrae/
海外オフィシャルサイト:https://www.tatemcrae.com/
Instagram:https://www.instagram.com/tatemcrae/

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!