CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

踊り手YouTuberバケモノバケツ委員会主催イベント『超バケ会パーティー2021』レポート

2021.07.28

Zepp Hanedaで、バケ会と仲間たちの総勢13組が踊りまくった夏のひととき

YouTube総再生回数が4,500万回超えの大人気踊り手兼YouTuberのバケモノバケツ委員会(以下、バケ会)。いりぽん先生と仮面ライアー217のユニットで、SNSではもちろん、テレビ番組『マツコ会議』や『ノンストップ!』でも注目され、幅広い人気を得ている。そんなふたりが主催するイベント『超バケ会パーティー2021』が7月24日、Zepp Hanedaにて開催され、日ごろから交流のあるゲストたちやファンとともに、夏のひとときを彩った。

ゲストとして、ふたりと交流のある人気踊り手やYouTuberの、bake、めーとる、まなこ、たまひよ。、まりん(アナタシア)、YUMA(SHARE LOCK HOMES)、りりり、あおい(MeseMoa.)、整形アイドル轟ちゃん、まあたそ、COJIRASE THE TRIP、ベアードアードを迎え、全13組が出演した今回のイベント。新型コロナウイルス感染拡大防止のレギュレーションに従い、スタンディングフロアに椅子を並べた会場は満員御礼となった。

イベントは、パーティーの開幕にふさわしい「夢色フェスティバル」でスタート。曲に乗って次々と登場した出演者たちが、この日のためにいりぽん先生が考案したオリジナルの振り付けを、畳み掛けるように披露していく。のっけから豪華な共演が繰り広げられ、客席は、声は出さずともワクワク感でいっぱいに。ステージ中央でムードメーカーのまあたそが全力のオタ芸を決めると、会場の空気がさらに明るさを増した。

2曲目、アップテンポなアゲアゲ曲「ポジティブ☆ダンスタイム」で、ステージを走り回って客席に手を振るバケ会のふたり。つづく「かいしんのいちげき!」では、いりぽん先生が217の誕生日に送った振り付けをふたりで踊り、ファンを歓迎した。

観客は、声援の代わりに、一緒に振りを踊って楽しさを表現している。隣の人にぶつからないように控えめに動きながら、それでもしっかりと、この場をエンジョイしているのが伝わってくる。演者の目には、たくさんの笑顔が映っていただろう。

ノンストップのパフォーマンスがつづくなか、人気の“踊ってみた”動画を生で再現する、「女の子になりたい」をりりり×バケ会で披露。その後、バケ会の“踊ってみた”をゲストがカバーするゾーンに突入。りりりとあおいが、しっとりとしたダンスを見せた「魔法」のあとは、バケ会の動画と同じ衣装に身を包んだbakeとたまひよ。による、166万回再生の「アユミ☆マジカルショータイム」。つづく「kitai」でも、動画と同じお揃いの衣装で登場しためーとる&まなこが、それぞれの持ち味を出しながら、息のあったシンクロを見せた。

女子ふたりの次は、まりん&YUMAの男子ふたりが登場。「ロキ」のカバーでコミカルながらダイナミックなダンスを披露して、ステージの雰囲気を変える。そこでカバーゾーンは終了し、グレーのジャケットに着替えたバケ会が再登場。「ライムライト」でのYUMAとのキレのあるダイナミックなダンスで、いつもとは違う表情を見せた。

つづく「ギラギラ」では、コンプレックスを抱える女性の思いを、純白オーガンジードレスに身を包んだ整形アイドル轟ちゃんが、エモーショナルにパフォーマンス。動画と同様いりぽん先生が途中からダンスに参加し、生コラボを披露した。

このブロックのラスト、11曲目は、まあたそによる「おねがいダーリン」。元気にかわいらしく踊っているところへ、本家である217が登場。色違いのワンピースを着たふたりが広げた脚の間から逆さに顔を出す様子は、仲良し姉妹がふざけているかのようだ。

そのあとは、いりぽん先生のオタクである轟ちゃん、まあたそ、たまひよ。の3人vsいりぽん先生、217MCによる“動画クイズコーナー”へ。

次々正解連発!……という流れにはならず、30分以上ノンストップで盛り上がったダンスゾーンに比べるとかなりゆったりとした時間が流れ、目の前でYouTubeで見るのと変わらないテンションでわちゃわちゃ騒いでいる仲良したちの姿に客席は満足そう。ライブでも発揮されるこの飾らなさや親近感が、バケ会の大きな魅力だ。

バケ会とは違うテイストで会場を魅了する、それぞれのユニットパフォーマンス

イベント中盤には、それぞれが参加するユニットのパフォーマンスも。先行したのは、217が所属するダンスロック・ユニットCOJIRASE THE TRIP(通称コジトリ)。

217はクールな世界観を全身で表現し、ソロパートではハスキーボイスを会場中に響かせる。間奏で客席に声をかけるフランクな一面も見せつつ、アーティスティックにパフォーマンス。脇で見ていたいりぽん先生も、「かっこ良いね。バケ会の217とはぜんぜん違う」とコメントした。

いりぽん先生の参加する男性8人のアイドルグループ、ベアードアードは、本格的な歌声とフォーメーションダンスで、会場の目を引きつける。そうかと思えば、MCでは楽屋での失敗話など仲良しトークが展開し、そのギャップに客席が和むシーンも。2曲目の「ベアードアード」では、サビで217が登場し、大げさなダンスを踊って笑いを誘いつつ、ラストはばっちり決めた8人。客席は大いに盛り上がり、色とりどりのサイリウムが大きく揺れた。

後半戦、全身黒のクールないでたちで登場したバケ会は、ゲストと一緒にメドレーでダンスを披露。「白夜」、「廻廻奇譚」、「Hysteric Bullet」、「クイーンオブハート」。多彩な楽曲で、次々といろいろな表現を見せていく。

217×りりり×まなこ×みうめ(COJIRASE THE TRIP)×轟ちゃんの女性メンバーによるコラボでは、ダイナミックかつセクシーに。まりん×YUMA×いりぽん×あおい×bakeは、しなやかさとスピード、華やかさの際立つダンスを展開する。ライブ後半とは思えないほどのキレの良さに、会場の熱もヒートアップ。クラップの入った振り付けでは、客席からもクラップが響き、会場が一体感に包まれた。

ハイレベルなダンスを堪能したあとは、バケ会らしいオタクタイム。いりぽんオタクの217とたまひよ。が、いりぽん先生の新作動画を一緒に鑑賞して沸きに沸く、大好評“オタクの反応”企画を生で行なった。

目の前で踊るいりぽん先生を愛でながら、ここぞという瞬間にダンスをストップさせて無理やり目を合わせては歓喜するオタクふたり。途中からは、たまひよ。が楽しさとうれしさで感極まって涙したり、いりぽん先生がダンスをしながらオタクふたりから逃げ惑ったりと、ライブ感にあふれた展開に。終了時には、たまひよ。が「夢の時間が終わっちゃう」という名言を残した。

ラストは、出演者総出で代表曲「惑星ループ」を踊り、会場中の気持ちがひとつになり大団円を迎えたところで本編終了。

アンコールでは、再びいりぽん先生&217が登場。この夏のコラボイベントの告知につづき、新曲「なかよしステップ」が初披露されると、客席から大きな拍手が湧き上がった。この楽曲は、「アユミ☆マジカルショータイム」「スターリー☆スカイパレード」などのボカロPのキノシタがバケモノバケツ委員会をイメージして制作した書き下ろし。ボカロPが踊り手とコラボして曲を作ることは珍しく、これからの新しい展開を予感させた。

アンコールでは、ひとつ、想定外のハプニングが。ぶっつけ本番で早着替えを行なったふたりが、衣装を中途半端に着た状態で出てきてパフォーマンスをしたのだ。いりぽん先生にいたっては、シャツもはだけて靴も履かずに裸足で踊っている。曲が終わると「ぜんぜん間に合わなかった」と言って、ステージで笑い転げるふたり。

ちなみにこの日の構成や演出は、すべていりぽん先生が担当。打ち合わせやリハーサルも入念に行ない、万全の体勢で臨んだにも関わらず、こういう楽しさを優先させてしまうバケ会。YouTubeを飛び出しても自由で楽しいノリをそのまま体現した、バケ会らしさ満載の2時間半だった。

バケモノバケツ委員会終演後コメント

いりぽん先生:まず、すごい疲れました(笑)。自分は監修や制作も担当して、出演者やスタッフへの指示出しとかもしていたので、作業量的にもいろいろと大変でした。本番で踊ってるときも体では楽しみつつ、頭の片隅では「みんな大丈夫かな、次出てこれるかな」みたいに、段取りを気にしていました。でも、作った甲斐があったと思えるライブができたので、もう既に「またやりたいな」と思ってます(笑)。

イベントを作るときはいつもそうなんですが、やりたいことが多すぎて、時間が足りなくなってしまいます。そのぶん魂を込めて作っているつもりだけど、終わったあとは「もっとできたなぁ」って、常に反省してますね。そのへんのバランスをうまく取れるようになりたいな。でも今回は、無事開催できただけでも本当に良かったです。

仮面ライアー217:このご時世にこの規模でライブができるとは思っていなかったので、いろんな演者さんやスタッフさんにご協力いただいて、素敵なライブができたのが本当にありがたかったです。ずっと前からふたりでやりたいと思っていたライブで、今は世間が暗くなっているけど、「楽しいことっていっぱいあるんだよ」というのをみんなに見せたかったので、実現できてうれしかったですね。

久々にあんなにたくさんの人の前で踊ったので、緊張で間違えたりもしたんですが、今日のダンスはほとんどいりぽん先生の振り付けで、それをふんだんに踊れたことが楽しかったです。あと、アンコールで衣装の早着替えが全然間に合わなくてちょっと悔しかったんですけど、あられもない姿で登場して踊ったことが、逆に良い思い出になったかな(笑)。バケ会らしい感じで終われて良かったです。

<セットリスト>
1.夢色フェスティバル/全員
2.ポジティブ☆ダンスタイム/バケモノバケツ委員会
3.かいしんのいちげき!/バケモノバケツ委員会
4.女の子になりたい/バケモノバケツ委員会×りりり×あおい
5.魔法/りりり×あおい
6.アユミ☆マジカルショータイム/bake×たまひよ。
7.kitai/めーとる×まなこ
8.ロキ/まりん×YUMA
9.ライムライト/バケモノバケツ委員会×YUMA
10.ギラギラ/整形アイドル轟ちゃん×いりぽん先生
11.おねがいダーリン/まあたそ×仮面ライアー217
12.BLACK SWAN/COJIRASE THE TRIP
13.As time goes by/COJIRASE THE TRIP
14.エビバデwakeUp!!/COJIRASE THE TRIP
15.ストレリア/ベアードアード
16.ベアードアード/ベアードアード
17.アイ情劣等生/ベアードアード
18.白夜/バケモノバケツ委員会×めーとる×bake×まりん
19.廻廻奇譚/バケモノバケツ委員会×めーとる×bake×まりん
20.Hysteric Bullet/仮面ライアー217×りりり×まなこ×みうめ(COJIRASE THE TRIP)×整形アイドル轟ちゃん
21.クイーンオブハート/まりん×YUMA×いりぽん先生×あおい×bake
22.ヴァンパイア/バケモノバケツ委員会
23.小悪魔だってかまわない!/バケモノバケツ委員会×たまひよ。
24.シル・ヴ・プレジデント/全員(半数ずつ)
25.惑星ループ/全員
<アンコール>
1.スターリースカイ☆パレード/バケモノバケツ委員会
2.【新曲】なかよしステップ/バケモノバケツ委員会

 
文・取材:諏訪圭伊子
撮影:城方雅孝

関連サイト

YouTubeチャンネル
バケモノバケツ委員会
https://www.youtube.com/channel/UC_9WnHcxXWFblmKnu6zzL2A
 
いりぽん先生
https://www.youtube.com/channel/UCXANIg4gi5efyJj5x5oU1xQ
 
仮面ライアー217
https://www.youtube.com/channel/UCxmgDpyo22S9d-nktYNIkAQ
 
Twitter
いりぽん先生
@panpaooo
 
仮面ライアー217
@disnyna

ニュースソニー・ミュージックエンタテインメント

ソニー・ミュージックエンタテインメントの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!