ジェニファー・ハドソン主演映画『リスペクト』11/5より全国公開&11/3サウンドトラック日本盤発売決定

2021.08.17

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
イメージ画像

オリジナル曲「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」も収録

世界が認めるディーヴァとして圧倒的存在感を誇り「リスペクト」「ナチュラル・ウーマン」「シンク」をはじめとする数々のヒット曲を残した女帝 アレサ・フランクリン。惜しまれつつ2018年に享年76歳で他界した彼女が、夢の歌手デビューを果たすもヒット曲に恵まれなかった若き日の苦悩や、父や夫との関係への葛藤を乗り越え次第に大スターとして花開いていく様が圧巻のステージシーンとともに描かれた映画『リスペクト』が、8月13日(金)に全米公開となり、同日にサウンドトラックも発売された。そして日本においても、映画『リスペクト』が11月5日(金)より全国公開されることが決定。公開に併せて、映画のなかでもアレサ・フランクリンを演じる現代のソウルディーヴァ、ジェニファー・ハドソンが数々のアレサの名曲を歌う『リスペクト』のサウンドトラック国内盤が、11月3日(水)にリリースされることも決定した。

映画『リスペクト』予告編

この映画でのジェニファー・ハドソンの起用は、アレサ・フランクリン本人のたってのリクエストだっただけに、聞く者の魂をゆさぶるかのようなその歌声はアレサの持つパワーを彷彿とさせる。また、アレサの楽曲のカバーだけではなく、ウィル・アイ・アムがプロデュースし、キャロル・キングが共作したオリジナル曲「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」も収録されている。

「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」ミュージックビデオ

映画『リスペクト』は『ドリームガールズ』『アリー/スター誕生』『ボヘミアン・ラプソディ』につづく、すべての人生へ喝采を贈る興奮と感動の音楽エンタテインメントとしてすでに大きな注目を集めていることもあり、国内においてもアレサ・ファンやジェニファーのファンのみならず、多くの音楽ファンが公開を待ち望む大作。『リスペクト』のサウンドトラックでは、劇中でもまるでアレサ本人の生き写しのように演じ、歌うジェニファーの魅力が堪能できる。

 

アレサ・フランクリン (Aretha Franklin)

1942年、アメリカ・テネシー州メンフィス生まれ、ミシガン州デトロイト育ち。父親は有名な説教師 C・L・フランクリン、母親はゴスペル歌手 バーバラ・シガーズ・フランクリン。
 
1961年にコロンビアからデビュー、その後1967年にアトランティックに移籍。1980年にアリスタに移籍。グラミー20冠以上を誇り、“クイーン・オブ・ソウル”とも呼ばれる。 1987年には女性アーティスト初の「ロックの殿堂入り」を果たし、ローリング・ストーン誌で「歴史上もっとも偉大な100人のシンガー」第1位にも選ばれている。2018年に享年76歳で他界。

 
 

ジェニファー・ハドソン (Jennifer Hudson)

1981年、アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。
 
幼いころからゴスペル隊に参加し、ミュージカルなどにも出演。2004年に<アメリカン・アイドル>のオーディションに参加するも、7位で退場。2006年には8,000人以上のオーディションを勝ち抜き、映画『ドリームガールズ』に出演。初出演作にしていきなりアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞で<助演女優賞>を受賞した。2008年、デビューアルバムをリリースし、翌年グラミー賞を受賞。民主党就任式やスーパーボウルで国家斉唱。
 
マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、プリンスのトリビュート・パフォーマンスなども行なってきている。

ジェニファー・ハドソン主演『リスペクト』映画情報

11月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー
 
STORY
私を輝かせるのは、この“声”。
少女のころから抜群の歌唱力で天才と称され、煌びやかなショービズ界の華となったアレサ(ジェニファー・ハドソン)。しかしその裏に隠されていたのは、尊敬する父(フォレスト・ウィテカー)、愛する夫(マーロン・ウェイアンズ)からの束縛や裏切りだった。極限まで追い詰められるなか、すべてを捨て自分の力で生きていく覚悟を決めたアレサは、ステージに立ち観客にこう語り掛ける。
「この曲を、不当に扱われているすべての人に贈ります」
自らの心の叫びを込めたアレサの圧倒的な歌声は、やがて世界を歓喜と興奮で包み込んでいく――。
 
出演:ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』、フォレスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』、マーロン・ウェイアンズ『G.I.ジョー』、メアリー・J. ブライジ
監督:リーズル・トミー 脚本:トレイシー・スコット・ウィルソン
原題:RESPECT/アメリカ/2021年/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/146分/字幕翻訳:風間綾平
配給:ギャガ

リリース情報

『「リスペクト」オリジナル・サウンドトラック』
■国内盤
発売日:11月3日(水)
価格:2,750円
高音質ブルースペックCD2(Blu-spec CD2)仕様
予約はこちら

【収録内容】
1.There Is A Fountain Filled With Blood│ゼア・イズ・ア・ファウンテン・フィルド・ウィズ・ブラッド
2.Ac-cent-tchu-ate The Positive│アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ
3.Nature Boy│ネイチャー・ボーイ
4.I Never Loved A Man (The Way I Loved You)│貴方だけを愛して
5.Do Right Woman – Do Right Man│恋のおしえ
6.Dr.Feelgood│ドクター・フィールグッド
7.Respect│リスペクト
8.(Sweet Sweet Baby) Since You’ve Been Gone│シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン
9.Ain’t No Way│エイント・ノー・ウェイ
10.(You Make Me Feel Like A) Natural Woman│ナチュラル・ウーマン
11.Chain Of Fools│チェイン・オブ・フールズ
12.Think│シンク
13.Take My Hand, Precious Lord│テイク・マイ・ハンド、プレシャス・ロード
14.Spanish Harlem│スパニッシュ・ハーレム
15.I Say A Little Prayer for You│小さな願い
16.Precious Memories│プレシャス・メモリーズ
17.Amazing Grace│アメイジング・グレイス
18.Here I Am (Singing My Way Home)│ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム) ※ジェニファー・ハドソンオリジナル曲

■輸入盤
発売日:8月13日(金)
再生・購入はこちら

「エイント・ノー・ウェイ」オフィシャルオーディオ

「ナチュラル・ウーマン」オフィシャルオーディオ

「ヒア・アイ・アム(シンギング・マイ・ウェイ・ホーム)」オフィシャルオーディオ

関連サイト

ソニーミュージックによる公式サイト:https://www.sonymusic.co.jp/artist/SoundTrackInt/
映画公式サイト:https://gaga.ne.jp/respect

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

  • Sony Music | Tech Blogバナー

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!