ドン・ブロコ、3年ぶりの新作『アメイジング・シングス』配信開始! 11/24には日本盤CD発売

2021.10.26

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
イメージ画像

エレクトロ、ロック、ポップ、メタルなどを融合したジャンルの垣根を超える名作

イングランド出身の4人組オルタナティブロックバンド、ドン・ブロコの3年ぶり4枚目となる新作『アメイジング・シングス』の配信が開始された。

『アメイジング・シングス』は新型コロナウイルスのパンデミック中に制作が進められたが、かねてよりタッグを組んできたジェイソン・ペリーとダン・ランカスターがプロデューサーを務め、気心の知れたチームで制限の多かったパンデミックの時期の作業を乗り切った。先行シングルの「マンチェスター・スーパー・レッズ No.1 ファン」はテクノ、ラップメタル調のブリッジという意外性の連続で、新たなクロスオーバーの形を知らしめ話題を呼んでいる。デヴィッド・ベッカムのDNAを摂取してアバターを生み出すという特異なミュージックビデオにも注目だ。

「マンチェスター・スーパー・レッズ No.1 ファン」ミュージックビデオ

常にユニークであり、いつまでも限界を押し広げつづけるドン・ブロコは、決してトレンドを追いかける側にはならない。そんなスタイルにふさわしく名付けられた新作のタイトル『アメイジング・シングス』。まさにエレクトロ、ロック、ポップ、メタルなどを彼らならではの形でユニークに融合させ、ジャンルの垣根を超える名作となっている。

セカンダリースクール(イギリスの中学、高校に該当する)のころからの友人同士だったという彼らは、2008年にバンドを結成。2015年にリリースされた2ndアルバム『オートマチック』が、全英アルバムチャート6位を記録し知名度を上げた。2016年にはファイヴ・セカンズ・オブ・サマーのイギリス、ヨーロッパアリーナツアーのオープニングアクトに大抜擢され、ブリング・ミー・ザ・ホライズンのイギリスアリーナツアーでもオープニングアクトとして活躍。さらに自身のヘッドライニングツアーもソールドアウトする大盛況で、ロンドン公演は5分で5,000枚即完売し、会場は急遽グレードアップされた。また、日本のロックバンドとの関わりも深く、ONE OK ROCKのライブへの客演という形で初来日を果たし、MAN WITH A MISSION、coldrainとは2016年から「ONE THOUSAND MILES TOUR」を共催している仲だ。

なお、『アメイジング・シングス』は11月24日(水)に日本盤CDがリリースされることも発表されており、日本盤CD にはONE OK ROCKのTAKAが参加した楽曲「アクション」が日本盤CDのみにボーナストラックとして収録される。

リリース情報

『アメイジング・シングス』
配信日:10月22日(金)
配信・再生はこちら
<日本盤CD>
発売日:11月24日(水)
価格:2,640円

【収録内容】(日本盤CDのみボーナストラック収録)
1. ガムシールド
2. マンチェスター・スーパー・レッズNo.1ファン
3. スイムウェア・シーズン
4. エンドルフィンズ
5. ワン・トゥルー・プリンス
6. アナハイム
7. ウーバー
8. ハウ・アー・ユー・ダン・ウィズ・イグジスティング?
9. ブルース・ウィリス
10. リヴェンジ・ボディ
11. バッド・4・ユア・ヘルス
12. イースター・サンデー
日本盤ボーナストラック
13. アクション(feat. Taka Moriuchi, Tyler Carter, Caleb Shomo & Tilian)
14. ハーフ・マン・ハーフ・ゴッド

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!