ジャミロクワイ、『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』限定イエローカラー・ヴァイナルで12/17発売決定

2021.12.03

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

「ヴァーチャル・インサニティ」リリース25周年を記念

ジャミロクワイの3rdアルバム『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』が、限定イエローカラー・ヴァイナルの180g重量盤(2枚組)で、12月17日(金)にリリースされることが決定した。このエディションのアナログ盤は、ジャケットデザインを2021年仕様にアップデートし、フロントマンにして制作の要でもあるジェイ・ケイの書き下ろしライナーノーツを掲載。さらに「コズミック・ガール」のディミトリ・フロム・パリ・リミックス・ラジオ・エディットが追加収録される。この音源は、これまでディミトリ・フロム・パリ自身のレーベル、レディ・レコーズ(Le-Edits Records)からのごく少数のフィジカル版が入手可能だった。今回のパッケージにはアルバムのダウンロードコードも含まれている。

2010年代に登場し新世代のシティ・ポップ・アーティスト群に多大な影響を与えることになる洗練された音楽性、斬新で印象的なミュージックビデオ、先見性と鋭い洞察力に満ちたメッセージなどが話題を呼び、世界中で大ヒットを記録した「ヴァーチャル・インサニティ」。そのリリース25周年を記念して、今回、同曲を収録した3rdアルバム『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』がリリースされる。また、25周年を記念して「ヴァーチャル・インサニティ」のミュージックビデオの4Kリマスター版が公開され話題を呼んだが、それにつづいて、同じく3rdアルバムからのシングル「コズミック・ガール」と「オールライト」のミュージックビデオのHDバージョンが公開された。

「ヴァーチャル・インサニティ」ミュージックビデオ(4Kリマスター版)

「コズミック・ガール」ミュージックビデオ(HDリマスター版)

「オールライト」 ミュージックビデオ(HDリマスター版)

これらの楽曲、そして『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』の制作について、ジェイ・ケイは2013年のデビュー20周年時に以下のように語っている。
「楽曲に息をさせたり、自由にさせたり、必要以上にややこしくさせないようにするには、自信が要った。中でも当時はより一層の自信が必要だった。ザ・プロディジーやケミカル・ブラザーズといったアーティストが、非常に力強くてヘヴィな楽曲でメガヒットを飛ばしていたからね。でも僕は、軽やかに、かつ明るく、グルーヴ自体に主張させたいと思っていたんだ。その一方で、レコード会社の干渉もあったから、自分がやっていることを守ろうと気を配ったり、他人に干渉させないようにしたり、台無しにされないようにしないといけなかった。アルバムを作るのは車の設計のようなものさ。気を散らすものや干渉には抵抗しないと。さもなければ “型にはまった作品”や、テンポが良くクセがあって圧倒的にみんなをノリノリにさせた自分のオリジナルとは似ても似つかない “平凡な作品”に終わってしまうから。とはいえ今思えば、バンドは自分たちが何をやっていたかを理解していたし、これがアルバムだっていう実感もあった。僕らには自信があったし、人生もちょっとは享受し始めていたんだ。ライブで披露すると今でも皆を熱狂させられる「コズミック・ガール」や「オールライト」の2 曲では、僕が26 歳で、女の子の関心の的で、さらに紫のランボルギーニを乗り回し、自分をしっかりと持っていたのがわかる。スケートボードを持ってニヤニヤしているガキは間違いなく姿を消し、抜け目がなくてファッションももっとイケてる彼の兄が彼の存在感を示してたのさ。アルバムのすべてのテイストは少しだけ引き締まり、よりクールになったってわけだ」

『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』は世界中でマルチプラチナやゴールドに認定される売り上げを記録し、アメリカではRIAA (全米レコード協会) によりプラチナに、イギリスではプラチナ×4に認定された。なかでも「ヴァーチャル・インサニティ」は、1997年度MTVビデオミュージックアワード10部門ノミネート中、Video Of The Yearを含む4部門を受賞するなど、多くの栄誉を獲得している。

 

ジャミロクワイ (Jamiroquai)

1960~70年代ソウル、ファンク、ジャズをダンスミュージックとして再評価したレア・グルーヴ・ムーブメントを下地にしつつ、ラテンやクラブミュージックなどのエッセンスを吸収、消化し拡大していった幅広いサウンドのモードを指すアシッドジャズ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイなどのロンドンを本拠地とした面々とともに、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなったジャミロクワイは、ボーカリストのジェイ・ケイ(Jason Kay)をリーダーとして結成された。バンド名は<ジャムセッション>とアメリカインディアンの<イロコイ族>にちなんだもの (jam + Iroquois)。
 
1992年、たった1枚のシングル「When You Gonna Learn?」で世界中の音楽ファンに衝撃を与え、ソニーミュージックとアルバム8枚という異例の契約で、1993年にアルバムデビュー。のちの1990年代アシッドジャズブームを牽引し、1996年には3rdアルバム『トラベリング・ウィズアウト・ムービング~ジャミロクワイと旅に出よう』が日本国内だけで150万枚の大ヒットを記録。つづく4thアルバム『シンクロナイズド』も日本国内で100万枚を突破した。
 
2010年には日清カップヌードルのCMに本人出演して話題を呼んだ。ユニバーサル移籍後はポップ、ロック、エレクトロニカなどジャンルを限定しない、以前とは違った音楽的方面も模索しながら支持を得つづけ、デビューから現在までに全世界で3,500万枚以上のトータルセールスを記録している。その洗練された音楽性は、2010年代に登場した新世代のシティ・ポップ・アーティスト群にも多大な影響を与えている。

リリース情報

『トラベリング・ウィズアウト・ムービング』
コレクターズ限定イエローカラー・ヴァイナル 180g重量盤(2枚組)
発売日:12月17日(金)
予約はこちら

【収録内容】
SIDE A
1.Virtual Insanity
2.Cosmic Girl
3.Use the Force
4.Everyday

SIDE B
1.Alright
2.High Times
3.Drifting Along
4.Didjerama

SIDE C
1.Didjital Vibrations
2.Travelling Without Moving
3.You Are My Love
4.Spend a Lifetime

SIDE D
1.Do You Know Where You're Coming From?
2.Funktion (Ruff Mix)
3.Cosmic Girl (Dimitri From Paris Remix Radio Edit)

「コズミック・ガール (Dimitri From Paris Remix Radio Edit)」Official Audio

関連サイト

ジャミロクワイのヒット曲、代表曲を今すぐ再生する

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!