CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

ウィーン・フィルの『ニューイヤー・コンサート2022』、2022年1/7配信開始&国内盤CD 1/26、Blu-ray 2/16発売予定

2021.12.06

ヨーゼフ・シュトラウスのポルカ・マズルカ「海の精セイレーン」などニューイヤー初登場曲は6曲

コロナ禍のなか今年も来日公演を実現させ、日本の音楽ファンに熱いメッセージを届けたウィーン・フィル。彼らのコンサートのなかでも、最も有名なのが毎年1月1日に行なわれるニューイヤー・コンサートだ。元旦に黄金のムジークフェラインザールからテレビとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5,000万人が視聴するクラシック音楽界最大のイベントは、1939年に始まり80年以上の歴史を誇る。

2022年の指揮者は、現在ベルリン国立歌劇場音楽総監督を務めるダニエル・バレンボイム。アルゼンチン出身の彼がウィーン・フィルと初共演したのは1965年8月のザルツブルク音楽祭で、ピアニストとしてモーツァルトのピアノ協奏曲第24番を演奏している。それ以来200回近い共演を重ね、現在ウィーン・フィルと最も密接な関係にあり、昨年コロナ禍で演奏休止を余儀なくされた同フィルが、演奏再開後最初に迎えた指揮者でもある。ニューイヤー・コンサートには2014年以来、8年ぶり3度目の登場となる。

2022年の演奏会では、冒頭に「フェニックス行進曲」、ワルツ「フェニックスの羽ばたき」と、不死鳥(フェニックス)の名を冠した曲が2曲並び、“コロナに屈しない”というウィーン・フィルの決意表明であるかのようだ。また、今年生誕195年となるヨーゼフ・シュトラウスのポルカ・マズルカ「海の精セイレーン」など、ニューイヤー初登場曲は6曲。「こうもり」序曲、「天体の音楽」などの有名曲も並び、「ペルシャ行進曲」や「千一夜物語」、「プラハへご挨拶」といった名前からエキゾチシズムを喚起させる作品も取り上げられる。もちろん定番のアンコールや新年の挨拶も予定されている。

ニューイヤー・コンサートは、元旦の演奏会でのライブ収録直後に音声の編集が行なわれすぐに発売、配信されるのが通例で、2022年は1月7日(金)に全世界でデジタル配信が開始。ヨーロッパのCDショップの店頭に並ぶのは1月14日(金)となり、国内盤はCDが1月26日(水)、Blu-rayが2月16日(水)に発売される予定だ。CDの音声はフリーデマン・エンゲルブレト率いるベルリンのテルデックス・スタジオ、Blu-rayの収録はオーストリア放送協会(ORF)が担う。毎年の収録を通じてホールの特性を知り尽くした両者が生み出す鮮明な音声と映像は、たくさんの花で美しく彩られた黄金のホールで繰り広げられる音楽の饗宴を生々しく楽しむ贅沢を与えてくれるだろう。

なお、Blu-rayには、海外ではテレビ生中継の休憩時間に放映されるウィーン・フィルのメンバーによる室内楽でつづられた映像作品のほか、恒例のウィーン国立バレエ団によるバレエ・シーン付きの特典映像が収録される予定だ。

2021年は無観客公演となったニューイヤー・コンサートだが、2022年の公演が無観客で開催されるかどうかは現時点では未定。ウィーンでは、オーストリア政府によるロックダウンのため、12月12日(日)までは公演が行なわれない。

リリース情報

『ニューイヤー・コンサート2022』
ダニエル・バレンボイム&ウィーン・フィル
■デジタル配信
配信日:2022年1月7日(金)
通常配信・24ビット96kHzハイレゾ配信・ストリーミング

■2CD
発売日(予定):2022年1月26日(水)
価格:3,190円

■Blu-ray
発売日(予定):2021年2月16日(水)
価格:6,270円

【収録予定曲】
第1部
1.フェニックス行進曲 作品105★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
2.ワルツ「フェニックスの羽ばたき」 作品125 (ヨハン・シュトラウス2世)
3.ポルカ・マズルカ「海の精セイレーン」 作品248★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
4.ギャロップ「小さな広告」 作品4 (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー)
5.ワルツ「朝刊」 作品279 (ヨハン・シュトラウス2世)
6.ポルカ・シュネル「ちょっとした記録」 作品128★ (エドゥアルト・シュトラウス)

第2部
7.オペレッタ「こうもり」 序曲 (ヨハン・シュトラウス2世)
8.音楽の冗談「シャンパン・ポルカ」 作品211 (ヨハン・シュトラウス2世)
9. ワルツ「夜遊び」 作品466★ (カール・ミヒャエル・ツィーラー)
10.ペルシャ行進曲 作品289 (ヨハン・シュトラウス2世)
11.ワルツ「千一夜物語」 作品346 (ヨハン・シュトラウス2世)
12.ポルカ・フランセーズ「プラハへご挨拶」 作品144 (エドゥアルト・シュトラウス)
13.性格的小品「家の精霊」★ (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー)
14.ポルカ・フランセーズ「ニンフのポルカ」 作品50★ (ヨーゼフ・シュトラウス)
15.ワルツ「天体の音楽」 作品235 (ヨーゼフ・シュトラウス)
他 アンコール曲を収録予定

※日本ヨハン・シュトラウス協会刊の『ヨハン・シュトラウス2世作品目録』(2006)、『ヨーゼフ・シュトラウス作品目録』(2019)に従っている。

★ニューイヤー・コンサート初演奏の作品

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ダニエル・バレンボイム
録音:2022年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

関連サイト

ソニーミュージック クラシック公式Twitter:https://twitter.com/sonyclassicaljp

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!