CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up

石崎ひゅーい、菅田将暉との初のオリジナルコラボ楽曲「あいもかわらず」本日配信開始

2022.08.02

2020年にリリースされた中島みゆき「糸」のカバー以来のコラボ

石崎ひゅーいが菅田将暉とコラボした楽曲「あいもかわらず」が本日配信開始された。

新曲「あいもかわらず」は、今年デビュー10周年を迎え、デビュー日の7月25日に「石崎ひゅーい 10th Anniversary LIVE 『、』(てん)’」が東京の恵比寿リキッドルームにて開催された際に、サプライズゲストとして盟友の菅田将暉が10周年のお祝いに駆け付け、初披露された楽曲。そのライブ映像がYouTubeで公開され、オフショットを交えたふたりの仲のいい関係性が垣間見える内容になっている。

石崎ひゅーい×菅田将暉 「あいもかわらず」 / LIVE(2022.7.25@LIQUIDROOM)

「虹」「さよならエレジー」はストリーミング2億回再生を超える大ヒット曲となっており、ふたりが楽曲コラボするのは2020年にリリースされた中島みゆき「糸」のカバー以来で、オリジナル曲でのコラボは初となる。

【石崎ひゅーい コメント】
菅田くんに初めてこの歌を聞いてもらった時、「熟成されたチーズ」みたいと表現してくれて、その言葉が面白くて、でも優しくて、すごくあたたかい気持ちになりました。僕らは音楽っていう大きなフィールドの中で真面目に馬鹿らしく、少しくさい言い方になるけど、“愛”っていう形のないものを追い求めてきた気がします。
そんな途方もない旅を一緒に菅田くんと歩めたらと思ってこの曲を書きました。
この先何年たっても「あいもかわらず」歌っていられますように。

【菅田将暉 コメント】
この春、ひゅーいくんから一緒に歌いたい曲があるんだと連絡がきました。
その時僕は実家にいて、これからについて考えていました。
子どもの頃と同じベッドで横になりながらその曲を聴きました。
嘘みたいに不安が吹き飛んで、やるべき事が見えました。
変わらない好きなものをただ愛していこうと思えました。
いつもこんな風に僕はひゅーいくんに救われています。
「あいもかわらず」宜しくお願いします。
ひゅーいくん10周年おめでとう!

石崎ひゅーい

1984年3月7日生まれ、茨城県水戸市出身。本名。シンガーソングライター。
 
両親の影響で幼少時からトム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイなどを聴いて育つ。中学からバンド活動を開始、当初よりボーカルを務める。高校卒業後、大学で結成したバンドでオリジナル曲でのライブ活動を本格化させる。その後ソロシンガーに転向し、精力的なライブ活動を展開。
 
2012年7月に「第三惑星交響曲」でメジャーデビュー。2015年6月公演(東京・大阪)の劇団鹿殺し『彼女の起源』に客演出演で初の演技に挑戦し、2016年12月公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』で、スクリーンデビューを果たす。その後、映画『そらのレストラン』やドラマ『左ききのエレン』に出演するなど、役者としても存在感を放つ。
 
2016年11月、石崎ひゅーいを代表するバラード曲「花瓶の花」のミュージックビデオ(監督:松居大悟、出演:蒼井 優、村上虹郎)が、「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2016」MUSIC VIDEO部門で優秀賞を受賞。
 
菅田将暉に楽曲提供した「さよならエレジー」(日本テレビ系日曜ドラマ『トドメの接吻(キス)』主題歌)と、「虹」(映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌)がストリーミング2億回再生を超える大ヒットを記録。
 
2021年10月、ナインティナイン矢部浩之のアーティストソロデビュー曲「スタンドバイミー」を提供。
 
2022年4月より、テレビ朝日木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』の主題歌を担当し、新曲「花束」を提供。7月25日のデビュー日に、10周年記念ライブ『、』(てん)を東京の恵比寿リキッドルームにて開催。8月2日に菅田将暉とのコラボ曲「あいもかわらず」が配信リリースされた。

リリース情報

石崎ひゅーい×菅田将暉「あいもかわらず」
配信日:8月2日(火)
配信・再生はこちら
作詞、作曲:石崎ひゅーい 編曲:トオミヨウ

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!