CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

ヒットの活かし方

アニメ『ヴィジュアルプリズン』の世界観を拡張させる独自のプロモーション【後編】

2021.10.22

“0”から生み出された“1”というヒット。その“1”を最大化するための試みを追う連載企画「ヒットの活かし方」。

今回は、音楽家としての活動でも知られる上松範康氏とアニプレックス(以下、ANX)、そしてアニメ制作スタジオのA-1 Pictures(以下、A1P)が手掛けるオリジナルアニメ『ヴィジュアルプリズン』のプロモーション展開にスポットを当てる。

漫画や小説といった原作のないオリジナルアニメは、オンエアが開始された時点での知名度の低さをどう克服するかが、その後のヒットにつなげる課題のひとつ。そんななか『ヴィジュアルプリズン』では、作品の世界観を構築する“ヴィジュアル系”と“ヴァンパイア”という2大要素に、作品に登場する10名のキャラクターの声優陣を掛け合わせ、独自のプロモーション施策を展開している。

特に、10名の声優陣にヴィジュアル系のメイクを施し、その姿をスチル写真に収め、さらには劇中に登場する3つの音楽ユニットの挿入歌でプロモーションビデオ(以下、PV)を制作するというユニークな試みが注目を集めている。

このプロモーションが生まれた経緯、そしてその制作に込めた思いとは? PVをディレクションしたコンプ鈴木氏、スチル写真を撮影した田村与氏、そしてANXの横山朱子プロデューサーに話を聞いた。

後編では、『ヴィジュアルプリズン』に登場するO★Z、LOS†EDEN、ECLIPSEという 3ユニットの声優陣を、どのように撮影したのか。映像ディレクターとフォトグラファーのこだわりを語ってもらう。

  • コンプ鈴木

    Comp Suzuki

    映像ディレクター

  • 田村 与

    Tamura Hitoshi

    フォトグラファー

  • 横山朱子

    Yokoyama Shuko

    アニプレックス

高貴なヴァンパイアの世界を表現する、ECLIPSEのビジュアル

――(前編からづづく)『ヴィジュアルプリズン』に登場するヴィジュアル系3ユニットの撮影についてもそれぞれ伺いたいと思います。まずは、ECLIPSEから。このPVは、ゴシック調の調度品が並ぶとても印象的なロケーションで撮影されています。この場所はどのように決まったのでしょうか。

鈴木:いくつかスタジオの候補があるなかで、ゴシック調でヴァンパイアのイメージとECLIPSEのイメージにぴったりだったので、ここに決めました。調度品も高価なものが置かれていて、セットというよりも“本物”といった雰囲気で、スタジオの世界観をそのまま使わせてもらったという感じですね。

写真左は、ディミトリ・ロマネ役の増田俊樹のPVカット。写真右は、ハイド・ジャイエ役の蒼井翔太のPVカット。

――ECLIPSEの衣装やアクセサリー、メイクはどのように決めていかれたのでしょうか。

横山:『ヴィジュアルプリズン』宣伝プロデューサーの谷池(侑美)、メイクさん、スタイリストさんと相談しながら進めました。蒼井(翔太)さん(ハイド・ジャイエ役)からは腰の羽根をしっかり映したいというリクエストをもらったんですが、そうやってご自身のイメージに、キャラクターのイメージを重ねてもらうようにしていきました。おふたりが付けている眼帯もスタイリストのヨシダミホさんが手作りのものを手配してくださって、それを付けてもらっています。

鈴木:当初は、眼帯を付けると顔が見えなくなるからどうしようと考えていたんですが、おふたりとも「付けたい」と言ってくださって。

横山:劇中のキャラクターはふたりとも眼帯をつけているのですが、蒼井さん、増田(俊樹)さん(ディミトリ・ロマネ役)が、そのイメージに合わせてくださいました。ご自身のビジュアルイメージを確立されている方たちなので、私たちが考えるヴィジュアル系の格好をしていただくと、コスプレみたいに見えてしまうかもしれないと危惧したんですが、キャラクターに寄せつつも、コスプレとは違う独自のビジュアルに仕上げることができました。

ディミトリ・ロマネ役の増田俊樹のスチル写真。

田村:当初、僕もコスプレ感が出てしまうことを懸念していたんです。でも、最初に衣装を着られたおふたりがスタジオに入られたときに、心配していたことが申し訳なく思うくらい、美しかったんですよ。“心配とか疑念は捨てて、ただただ美しいものを撮ろう”とシンプルに考えましたね。

――撮影面で意識したことは?

鈴木:それぞれのユニットで撮り方は変えているのですが、ECLIPSEは、ロケーションも含めたおふたりの世界観を大事にしようと思っていました。三脚を立ててカメラをあまり動かさずに、所作も背景も含めてディティールをじっくり見てもらえるように撮っています。

田村:ECLIPSEの撮影は高貴なイメージで整頓された絵作りが良いと考えたのでスタジオの広さを加味して35mmと50mmのレンズを使いました。また、それとは別ベクトルで世界観とシチュエーションが際立つようにオールドレンズ、ライカのSUMMICRON50mmF2と、ペンタックスのSuper Takumar55mmF1.8を使ってエモさを追加しています。

ハイド・ジャイエ役の蒼井翔太のスチル写真。

体制に抗う叛逆するユニット、LOS†EDENのビジュアル

──つづいてLOS†EDENですが、こちらはグッとワイルドに、金網があるロケーションで撮影されています。

鈴木:ECLIPSEとはイメージの異なった廃墟で、ヤンチャな若者の秘密基地みたいな感じでしょうか。ここはビルになっている大きなスタジオだったので、当日はスチル写真を3階で撮って、メイクは2階、ムービーは1階で撮るというような使い方をしています。夏の暑い日だったのですが、1階は密閉されていない空間にしたためクーラーが効ききらず、演者さんもメイクさんも大変だったと思います。

写真左は、サガ・ラトゥール役の江口拓也のPVカット。写真右は、ヴーヴ・エリザベス役の永塚拓馬のPVカット。

横山:衣装の素材が皮だったので、冷却材をシャツのなかに仕込んでました。

鈴木:でも、撮影中は演者の皆さんがご自身の意思で汗をコントロールして、抑えてくれていたように見えました。

横山:皆さんの集中力がすごかったですね。顔にはあまり汗をかかずにいてくれて。

鈴木:本当に助かりました。それと、このPV撮影では、手持ちカメラで撮影しています。機動性があって撮影がテンポ良く進められますし、人がダイレクトに操作することで、カメラワークがよりエモーショナルになっていると思います。

――LOS†EDENのメンバーはタトゥーも入っているし、アクセサリーもたくさん付けていますね。

横山:タトゥーだけでなく、ネイルも含めてかなり細かいところまでメイクをしてもらっています。参考になる画像やイラストをメイクさんにいっぱい送って、目の周りにタトゥーを描いていただこうと思っていたら、目だけでなく手や腕にもたくさん入れてくださいました(笑)。

あと、基本的に全員ネイルをしてもらっています。当初は牙ピアス(牙型の口内ピアス)を加工でノンホールにして付けるというプランもあったんですよ。でも、そこは先ほど鈴木さんも言っていた、作り込みすぎになりそうだったので控えました。

ミスト・フレーヴ役の島﨑信長のスチル写真。

鈴木:カラーコンタクトもしてもらってますよね。

横山:そうですね。設定に合わせた目の色をしてもらいました。O★Zの(結希)アンジュはオッドアイなので赤とグレーにして。それ以外のヴァンパイアは全員、赤です。ただ、同じカラーコンタクトでは違いが出にくいので、カラーコンタクトのサークルレンズの大きさや色味を変えて、ユニットごとに差をつけています。

鈴木:照明をあてると瞳に光が入るんですけど、ヴァンパイアっぽく妖しい感じになってほしいと思って、棒状の蛍光灯をあて、光が丸い玉でなく、線になるようにしました。ちょっとした違和感が面白いんじゃないかと。

横山:おかげでLOS†EDENは、だいぶ治安の悪いところから来たような姿になりましたね(笑)。

──リンゴのような小道具も効果的にいかされています。

鈴木:そうですね。横山さんと話していて、いろいろ提案をもらいました。

横山:リンゴは禁断の果実ですから。

鈴木:LOS†EDENはユニットのイメージがはっきりしていて、一番やりやすかったです。色合いもグリーンとレッドという反対色に近い色を基調にして、色を抜きながらキャラクターの肌色を浮き立たせていくような、ヴィジュアル系のミュージックビデオで使われている手法で彩色したので、イメージも伝わりやすいと思います。

――LOS†EDENのスチル撮影はいかがでしたか。

田村:LOS†EDENは荒々しい表現が合うと思ったので影を誇張させたり、色を乗せる表現なども使いました。また、ネイルがすごく印象的だったので、壁に映る影のディテールにもこだわりました。

ジャック・ムートン役の矢野奨吾のスチル写真。

新たなる可能性を切り開くユニット、O★Zのビジュアル

――そして、主人公ユニットのO★Zです。こちらは、かなりシンプルなロケーションになっています。

横山:O★Zは主人公のいるユニットということで、わかりやすさが大事だと思ったんです。ECLIPSEとLOS†EDENは衣装もコンセプチュアルに選んでいましたけど、O★Zはオーソドックスに黒ベースにしました。でも、そうすると個性が出しにくい。そういう意味ではムービーもスチル写真も苦労されたと思います。コンセプトの“爽やかなヴィジュアル系”って何だろうって(笑)。

結希アンジュ役の千葉翔也のスチル写真。

鈴木:O★Zは作中で結成されるユニットで、撮影時においては“無個性”というところが、ほかのふたつのユニットに対して、むしろ個性になるのかなと思いました。だから、背景に何もないという。変にイメージを付けてしまってもいけないでしょうし。

――撮影のロケーションはピアノのあるステージです。

鈴木:はい。ただ、今回のPVのコンセプトという切り口では、ヴァンパイアのECLIPSE、治安の悪いLOS†EDENという味付けに対し、O★Zは音楽とアニメのイメージを強く出そうと考えました。メンバーであるギル(ギルティア・ブリオン)のピアノや光の球のなかで歌うイメージとかですね。そこでピアノのあるホールを借りて、ライティングで雰囲気を作っていくことにしたんです。メンバーの方々もキャラクターのイメージに入りやすいのではと。

写真左が、ギルティア・ブリオン役の古川慎のPVカット。写真右は、イヴ・ルイーズ役の七海ひろきのPVカット。

――シンプルなロケーションで、4人をクローズアップしたんですね。

鈴木:ええ、4人それぞれをしっかり撮ろうとしたんですが、特にイヴ・ルイーズ役の七海ひろきさんは劇的な所作がピッタリはまって、流石だなと思いました。ただ、グループとしてバランスをとるというところの匙加減に僕が迷ってしまい、比較的カメラを長い時間回したので、余計なご苦労をかけてしまったかもしれません。

──田村さんは、O★Zのスチル写真撮影でどんなアプローチをしたのでしょうか。

田村:イメージカラーが青、コンセプトは爽やかなヴィジュアル系とのことだったのですが、逆に爽やかになり過ぎないように気を付けました。

また、グループショットはソロカットの集合体でも成り立つんじゃないかと思ったんです。なので、撮影後、デザインでいろいろと調整ができるように、O★Zの撮影では、ほかのユニットに比べて、多めにソロカットを撮らせてもらいました。青いバックと、ナチュラルな白バック、あと、オッドアイという設定の結希アンジュ役の千葉(翔也)さんがいらしたので、目の色がきれいに見えるようなライティングも意識していました。

――写真には青味の色が乗っていますが、これは現像のときに乗せたものですか?

田村:いえ、レンズの前に青いフィルターを入れています。それで写真に青いグラデーションが出るようにしました。また、あまりきれいに整頓されていると、爽やかさが出すぎてしまうので、少し雑味を足すことでビジュアル的な不安定感を入れています。

鈴木:それで写真に青い線が入っているんですね。

ロビン・ラフィット役の堀江瞬のスチル写真。

田村:そうです。レンズとフィルターの距離感が重要で、ピントが合ってしまうと、フィルターがボケなくなるので明るい単焦点レンズ(50mm F1.2と85mm F1.2)を使うことで、青が効果的になるようにしています。一番ピントにシビアだったのはO★Zの撮影でしたね。特にグループショットは匙加減ひとつで写真が暴れてしまうので、O★Zの場合は、複数のテイクのなかからバランスがうまく取れているものを厳選しています。

作品の熱量を伝えるプロモーションの効果

――ヴィジュアル系のPVとスチル写真を実際に公開してみて、どんな手応えがありましたか?

横山:写真とPVを発表したあとの反響は、めちゃめちゃ大きかったんですよ!

田村:そうなんですね、それは本当に良かったです。

横山:写真を発表したあと、公式Twitterのフォロワーが一気に1万人単位で増えたんです。また、公式インスタグラムのフォロワーも1万人を超えました。PVは9月に開催した先行上映会で初公開して、映画館の大きなスクリーンで皆さんに見ていただきました。

――周りのスタッフの方たちの反響はいかがでしたか。

横山:アニメの制作スタッフもとても喜んでくれました。アニメのプロモーションで実写PVを使うというのは、普段はあまりやらない宣伝施策ですし、今回は音楽アニメだからこそできたものなので、みんな食らい付くように見てくれていました。

鈴木:それを聞いてほっとしました。ファンの方たちには、好きな声優さんの違った側面が見られるので喜んでいただけるかなと思っていましたが、アニメ制作スタッフの方たちのリアクションは予想できなかったので、素直にうれしいです。横山さん、田村さんはもちろん、キャスト、スタッフ、関わった皆さんの力が結集した結果ですね。

横山:特に撮影に関しては、非常に限られた時間のなか、鈴木さん、田村さんが奮闘してくださって、素晴らしいクオリティのコンテンツを作ることができました。スタッフの皆さんもその気合を感じてくれたんだと思います。

これを見て、アニメ本編を作るA1Pの現場の士気もますます高まったと思いますので、本当に有難い限りです。制作現場の高い熱量は、作品にも必ず投影されますし、それは視聴者の方々にも伝わると思うんです。今回のPVとスチル写真のプロモーション施策で大きな流れを作れたのは、『ヴィジュアルプリズン』にとっても大きな意味があったと思っています。

©Noriyasu Agematsu,Afredes/Project VP

関連サイト

『ヴィジュアルプリズン』TVアニメ公式サイト
https://visualprison.com/
 
『ヴィジュアルプリズン』公式 Twitter
https://twitter.coPVisualprison
推奨ハッシュタグ #ヴィジュプリ
 
『ヴィジュアルプリズン』公式 Instagram
https://www.instagram.coPVisualprison/
推奨ハッシュタグ #ヴィジュプリ

連載ヒットの活かし方

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!