CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

Artist Profile(アーティストプロファイル)

恋愛ソングから、新たなフィールドへ――進化しつづけるCHiCOの現在・過去・未来【前編】

2021.02.04

気鋭のアーティストの実像に迫る連載企画「Artist Profile」。

今回登場するのは、そのパワフルな歌声で多くのリスナーを魅了するCHiCO with HoneyWorksのボーカリスト、CHiCO。2014年のデビュー曲『世界は恋に落ちている』をはじめ、これまで“恋と青春”を鮮やかに歌ってきた彼女は、ライブ以外では顔を見せず、人気でありながらもミステリアスな存在だった。だが昨年、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で初めて自身の歌唱する姿をメディアに乗せ、大きな話題となった。デビュー7周年を迎える2021年、CHiCOはここからどこへ向かおうとしているのか。

前編では、2020年に話題となった『THE FIRST TAKE』への出演、そして2月3日リリースの新作についてを交えて、CHiCOの現在の心境を聞く。

  • CHiCO (チコ)

    クリエイターチームHoneyWorksとのコラボユニット、CHiCO with HoneyWorksとして2014年に『世界は恋に落ちている』でデビュー。これまで12枚のシングルと3枚のアルバムを発表している。ミュージックレイン所属。

これまでとは違う“チコハニ”の姿を披露した日

まだ見たことのない景色を見るために。新たな一歩を踏み出すために。CHiCOは変わろうとしているのだろうか。

2014年に、テレビアニメ『アオハライド』のオープニングテーマ『世界は恋に落ちている』でデビューして以降、テレビアニメ『銀魂゜』のオープニングテーマ『プライド革命』など数々のアニメ主題歌を手掛け、青春や恋愛をテーマにした瑞々しい楽曲を次々と発表してきたCHiCO with HoneyWorks。“チコハニ”と呼ばれ、中高生の等身大の青春を歌ってきたユニットは、着実にキャリアを重ね、今や風格も漂い始めている。

『世界は恋に落ちている』【CHiCO with HoneyWorks盤】

そんなCHiCO with HoneyWorksが、これまでのイメージを大きく変える、新たな冒険に踏み出した。2020年9月、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で、これまでライブ以外では顔を見せず、メディアには声のみでしか出演していないボーカルのCHiCOが初めて歌唱姿を披露したのだ。メディアで初めての顔出し。レコーディングされた音源とは違う、息づかいや声の抑揚とともに楽曲を歌い上げるCHiCOの表情と姿が世界へ発信されたのである。

「収録は本当にドキドキしました。『THE FIRST TAKE』の収録は一発録りなので特別感があるものだし、ライブとは全然違う緊張感があって。今回ピアノを弾いてくれた宇都(圭輝)さんも『いつも以上に緊張した』と言ってました。YouTubeが公開された日は、ずっとスマホを見て、SNSのハッシュタグを検索しつづけていました。何度も何度も検索して……みんなどんな反応なのか知りたかったんです」

CHiCO with HoneyWorksはデビューから7年間、HoneyWorksのイラストレーターのヤマコによるビジュアルを前面に立てて活動してきた。カラフルなロングヘアを風になびかせ、ブルーの瞳でセカイを見つめる。アクティブでファッショナブルな女の子――それがCHiCOのパブリックイメージだった。『THE FIRST TAKE』のパフォーマンスは、そのCHiCOのイメージに血を通わせ、熱を宿らせるものになった。

「イラストのCHiCOと私は同一人物ではあるんですけど、私ひとりで作っているものでもなくて。メディアではイラストのCHiCOが私たちを表現してくれて、ライブでは私自身が頑張ってそのCHiCOが表現したイメージをふくらませていくという、お互いに協力しているような感じがあったんです。ただ、CHiCO with HoneyWorksも活動して7年目になりましたし、2020年はコロナ禍でやりたいこともやれなかったので、新しいことに挑むのにちょうど良いタイミングなのかなと思って、『THE FIRST TAKE』に出演させていただくことにしたんです」

CHiCO with HoneyWorks - 世界は恋に落ちている / THE FIRST TAKE

これまでもライブではCHiCOの歌う姿は披露されていた。生身のCHiCOの歌唱姿は、ある意味で、ライブに来たファンだけが観ることができるプレゼントのようなもの。ライブ会場に足を運んだ観客は、そのときだけしか観られないCHiCOの姿を目に焼きつけていた。

「ライブのときはメイクさんと相談して、各会場ごとにメイクをワンポイント変えていたんです。ステージのそばの客席の方が『今日のCHiCOちゃんはメイクに何色を使ってた!』と反応してくださったりして、それがだんだん楽しくなっていったんですよね。『THE FIRST TAKE』でもメイクさんに相談して、ちょっとだけメイクにこだわりました。やっぱりせっかく顔を出すなら、そういうところにもこだわりたいなって(笑)」

『THE FIRST TAKE』でCHiCOは、デビュー曲の『世界は恋に落ちている』と、3枚目のアルバム『瞬く世界にiを揺らせ』に収録されている楽曲『幸せ。』を披露。『世界は恋に落ちている』はピアノアレンジで、『幸せ。』はバンドアレンジで演奏された。

CHiCO with HoneyWorks - 幸せ。/ THE FIRST TAKE

「私にとってはデビュー曲の『世界は恋に落ちている』はとても苦労した曲でしたし、ピアノアレンジで歌唱するのも初めてのことで。自分の成長を感じることができた収録でした。いつもライブで演奏している楽曲だけど、改めて新鮮に感じることができて、とても貴重な経験をさせていただいたなと思っています」

ニューシングルは初めてづくしの意欲作

『THE FIRST TAKE』での新しい試みから138日後、CHiCO with HoneyWorksの新たな歩みとなる13枚目のシングルがリリースされる。このシングルは2月5日に全国公開のホラー映画『樹海村』の主題歌『鬼ノ森』と、オカルトを題材にしたテレビアニメ『裏世界ピクニック』のオープニング主題歌『醜い生き物』の両A面。これまで“キュンキュン系”と呼ばれるポジティブなロックを手掛け、数々のアニメに楽曲を提供してきた彼女たちにとっては挑戦となる1枚だ。

「実写のホラー映画に主題歌を提供するということも初めてですし、『裏世界ピクニック』もオカルトチックな世界観をベースにした作品で、そういった作品のオープニング主題歌を手掛けることも初めてで。楽曲の構成も、歌い方も、私にとっては初めてのことばかりでした」

『鬼ノ森』リリックMV

『鬼ノ森』が主題歌の映画『樹海村』は、実在した心霊スポットを題材に描く、『呪怨』を手掛けた清水崇監督による『実録!恐怖の村シリーズ』の最新作。富士の樹海を舞台に、恐怖の物語が描かれていく。そのジャパニーズホラーの世界を彩る楽曲を、HoneyWorksのコンポーザー、Gomが、ドラマチックなミドルバラードに仕上げている。

「映画の製作サイドからは『バラードで讃美歌のような曲』というリクエストがあったんです。それでGomさんと私で、いくつかの仮歌のパターンを作りました。Gomさんからは『民謡っぽい、沖縄っぽい歌い方がいいんだよね』と言われて、私は民謡を歌ったことがなかったので、かなり苦労しましたね。沖縄民謡っぽい歌い方をされているアーティストさんのライブ映像を見たり、その楽曲をたくさん聴いて、何度も練習をしてからレコーディングに挑みました」

これまでとは歌詞の方向性を大きく変えた曲

いっぽう、『醜い生き物』がオープニングを飾るテレビアニメ『裏世界ピクニック』は、SF作家、宮澤伊織による小説が原作。インターネット上で流布される怪談やオカルト事件が実在する裏世界に迷い込んだ少女たちの探索の日々を描く、ミステリー&オカルトタッチの作品だ。

『鬼ノ森/醜い生き物』【アニメ盤(期間生産限定盤)】

「『裏世界ピクニック』には紙越空魚ちゃんという主人公がいるんですが、彼女はちょっと“陰キャ”な女の子なんです。『醜い生き物』はshitoさんが作ってくれた楽曲なんですが、歌詞には“私はあなたのことが好きなのになんであなたは私が一番じゃないの?”というジェラシーのような感情が描かれていて。女の子同士の友情ではよくあることだと思うんですけど、そのジェラシーを感じている自分自身を“なんて卑しいんだろう”と思ってしまう。そういう気持ち、私も共感しますね。この曲はこれまでのCHiCO with HoneyWorksの楽曲とは歌詞の方向性を大きく変えたものになりました。社会に対する不満をぶつけていたり、女性同士の友情のモヤモヤしたところを歌っているんです」

作品に寄り添いながら、新しいCHiCO with HoneyWorksの楽曲を完成させるために、これまでになかった“歌唱の引き出し”を一から作った『鬼ノ森』と、“気持ちの引き出し”を開けた『醜い生き物』。CHiCOにとって、これらはこれまでにない挑戦をした楽曲となった。それは意外にも、自身の素に近いものだったと言う。

「これまでポジティブな恋愛ソングを歌ってきたんですが、私は決して“陽”ではなく、どちらかというと“陰”な性格かもしれないです。外ではCHiCOとして明るく振るまっていますけど、家に帰るとすぐに反省モードになって、良くなかったことを思い出してはズブズブと沈んでいってしまうんですよね。これまでのCHiCO with HoneyWorksの楽曲は、『まぶしいな』と思いながらレコーディングしていました(笑)。でも、今回の『醜い生き物』の歌詞に出てくる女の子は、そのまんま私自身です。曲の最後に『本当はぶっ壊されて嬉しかったんだ』という歌詞があるんですが、歌詞で登場する女の子がやっと本音を言ったんだなという、素直に自分の気持ちを言えたような気持ち良さが歌ったときにありました。こういう気持ちに共感してくれるリスナーもきっといると思います」

 
後編へつづく

文・取材:志田英邦

<最新情報>

ニューシングル『鬼ノ森/醜い生き物』2021年2月3日リリース

【CHiCO with HoneyWorks盤】

 
『鬼ノ森』
視聴・購入はこちら
 
『醜い生き物』
視聴・購入はこちら
 
 

<ライブ情報>

『LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks ZEPP TOUR 2021「SPRiNG BEAT」』
3月7日 愛知県/Zepp Nagoya
3月14日 北海道/Zepp Sapporo
3月21日 東京都/Zepp Tokyo
3月27日 大阪府/Zepp Osaka Bayside
3月28日 福岡県/Zepp Fukuoka
 
チケットはこちら

関連サイト

CHiCO with HoneyWorks公式サイト
https://www.chicoxxx.com/
 
CHiCO オフィシャル Twitter
https://twitter.com/CHiCOxxx_tweet
 
CHiCO with HoneyWorks YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCw9-qglgZw8J8m2rxe7bAXw

連載Artist Profile(アーティストプロファイル)

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!