CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

芸人の笑像

やす子:人を助けずにはいられない性格に導かれた芸人道【後編】

2021.04.28

ソニー・ミュージックアーティスツ(以下、SMA)所属の芸人たちにスポットを当て、ロングインタビューにて彼らの“笑いの原点”を聞く連載「芸人の笑像」。第7回は、元自衛官の経歴をいかした“自衛隊あるある”などのネタで注目され、数々のバラエティ番組に出演、愛くるしいルックスと純朴なキャラクターで人気を得ているやす子の素顔に迫る。


後編では、SMAとの出会いから、芸人としての道を歩むことになった現在の心境を語る。

  • やす子

    Yasuko

    1998年9月2日生まれ。山口県出身。血液型A型。身長154㎝。特技:大型特殊免許、自衛隊体操、5段階ほふく前進、射撃、柔道(黒帯)など。即応予備自衛官任官中。放映中のドラマ『リコカツ』では、永山瑛太演じる自衛官の同僚役を演じている。

ライブを観に来たお客さんの前で突然ネタをやることに

前編からつづく)そんな自衛隊スピリットを胸に、ひょんなことから芸人の真似事を始めることになったやす子。平日は朝4時起きで、5時から夜の8時までは清掃業務。家に帰ってから漫才のネタを書き、土日は、お笑いをやりたいと言う女友達と代々木公園で待ち合わせてネタ合わせをする。そんな毎日を、ヘトヘトになりながらつづけていたという。

「そんなときにですね、その友達が、いろんなお笑い事務所に私たちを所属させてくれないかとメールをしてたんですよ。まだ公園でネタ合わせしてるだけで舞台に立ったこともないのに。そうしたらSMAからすぐに返事が来て。忘れもしません! 2019年9月29日に、SMAの平井(精一)さんから事務所ライブがあるから面接においで、という連絡をもらったんです」

■関連記事はこちら
バイきんぐ、アキラ100%ら人気お笑い芸人の“育ての親”が築いた、笑いのSMAイズム【番外編】

SMA以外に、浅井企画やグレープカンパニーなどからもネタ見せの連絡は来たそうだが、一番に連絡をくれたSMAにまずは行ってみようと、やす子は女友達に伝えた。すると……。

「私は、どの事務所がどうだとか全然わからなかったんですけど、その子はSMAはちょっと嫌だったみたいで(笑)。ベテランが多いので、まだ若い自分たちが入るところじゃないと思ってたみたいなんですね。そしたら事務所ライブの3日前ぐらいから、連絡が取れなくなりました」

しかし、SMA平井と一度した約束を反故にするわけにはいかない。やす子はひとりで、事務所ライブが行なわれているSMAの常設ライブハウス、Beach V(びーちぶ)に向かった。

「もちろん当日もその子は来なくて、しかもライブに呼ばれたのはただの面接じゃなくて。ライブを観に来たお客さんの前でネタをやることになっちゃったんです。なんかもう、意味がわからないんですけど(苦笑)、そうなったら仕方がない。漫才用に用意していたネタを、その場でバーッと“怒ってないよと言いながら怒ってる人”というピンネタに変えて、芸名も決まってないから、本名の“安井かのん”の“やす”をとって適当に“やす子”と名乗って。半ばヤケクソでネタをやってみたら……お客さん投票で2位になってしまって。そこからひとりで芸人を始めることになっちゃったんです。今から1年半前のことでした」

それまで“お笑い”の“お”の字も知らず、大声で笑うこともなかったまったくのド素人が、言われるがままに舞台に立ってみたら、なんとウケてしまった。誰かの付き添いでオーディションを受けたら、たまたま受かってスターになったというアイドルの話はよく聞くが、友達の代わりにお笑い芸人になってしまったという話は珍しすぎる。そのエピソードだけでも相当シュールだ。やす子本人も「清掃会社も正社員でしたし、芸人の真似事はその日限りで辞めよう」と思っていたのだという。

「でもそのライブの日に、友達ができたんです。私と同じように、その日からHEET Projectに所属することになった、さくりふぁいすというコンビの瀬戸勇太(現・瀬戸そいでほいで)くんです。会場の掃除とか雑用を教えてもらっているうちに、もう、びーちぶが居場所みたいに思えてきたんですね、自分の」

東京に出てきてからは友達も作らず、ただひとりの友人だった例の女友達とは音信不通。そんなやす子にとって、偶然とは言え彼女をSMAに迎え入れた平井は「親みたい」で、びーちぶに集うSMA芸人は「家族みたい」に思えたのだという。

「平井さんに言われた言葉は、今でも忘れてません。最初に面接に行ったとき、自分のことを軽くお話しさせてもらったら、“そういう人は売れるって言うよね”って言ってくれた。めちゃくちゃ覚えてます。一生ついていこうと思いました。びーちぶに通うようになってからも、めちゃくちゃいろんな失敗をしてるんですけど、 “大丈夫、お前は売れるよ”と言ってくれて。私はSMAが大好きだし、SMA愛は誰よりも強いと思うんです。芸人さんはみんな真面目だし、むちゃくちゃアットホーム。自衛隊の人たちもみんな真面目でしたけど、SMAの皆さんは真面目で優しいので(笑)」

「元自衛官なら、自衛隊ネタやったら?」

紆余曲折を経て、2019年9月、やす子はそのままSMA HEET Project所属となり、清掃会社社員と芸人の二足のわらじを履くことになる。2020年4月には、先輩のコウメ太夫に仕掛けられた『水曜日のダウンタウン』のドッキリ企画で自衛隊ネタを披露し、テレビ初出演。ほぼ同時期に放送された『東京オーディション(仮)』でも、既に自衛隊ネタを披露していた。

「最初のころは、自衛隊と関係ないネタをやってました。全身タイツを着たり、『慌ててみると面白いんじゃない?』と周りに言われて、慌てんぼうのネタを作ったり。自分、意見をもらったことは全部やるタイプの人間なんです。それで、早稲田クローバースタジオでご一緒した、大葉かやろうさんという芸人さんに、『元自衛官なら、自衛隊ネタやったら?』と言われて始めたのが、“自衛隊あるある”で。平井さんには 『ネタが全然面白くない!』と何度も言われましたけど(苦笑)、自衛隊ネタをやるようになってからはテレビのオーディションにも受かるようになりましたし、いろんな番組に繋がっていきました」

ちなみに、やす子が衣装にしている迷彩服は、紛れもない本物。即応予備自衛官という現役だからこそ入手できる、リアルな陸上自衛隊の衣服だ。

「みんな、どこかで買ってきたネタ衣装だろうって言うんですけど、違うんですよ(笑)。正式なものは、自衛隊のお偉いさんの前に出ていくときに着ていけるようきれいなまま保管していて、普段は自分で駐屯地で買った予備のものを着ています。上下で2万円くらいですかね。月に一度の訓練のときにも着てる本物です、はい~!」

個性的な自衛隊ネタと独特のキャラクターが人気を博し、『おもしろ荘』以降は有名なネタ番組、バラエティ番組からもどんどん声がかかっている。2020年はわずか2本だけだった出演番組数は急速に増え、今年3月だけでも10本近く。最近では、今大人気のお笑いコンビ、かまいたちの山内健司と顔が似ていることも話題となり、彼らの冠番組で共演もはたした。

「かまいたちの山内さんに似ていると最初に言ってくれたのは出川(哲朗)さんです。今大活躍の旬の方とたまたま顔が似ていたことからご縁ができて、 “自分、持ってるな”と(笑)。芸人になれたこともそうですし、自分はほんとに運の良さだけでここまで来てるなと思います。

私、今一番好きな芸人さんは千原ジュニアさんなんですけど、この間、ニッポン放送でお会いした放送作家さんが、千原兄弟のトークライブ『チハラトーク』をやってらっしゃる方で。千原ジュニアさんが大好きなんですと言ったら、ジュニアさんにも伝えておくから今度『チハラトーク』に呼ぶよと言ってくださったんです。どうなるかはわからないですけど、そのときも“持ってるな!”と思いました」

努力が足りないまま、運良く出させてもらえてる

“持ってる”ことを実感しながらも、「売れてると言ってもらえるのはうれしいけど、ほんとに恐れ多くて。自分なんか、すぐに消えるものだと思ってやってます」と、照れるわけでも冗談でもなく、真っ直ぐな表情で言うやす子。では彼女がこれからめざす芸人像は、どういうものだろうか?

「めざしているのは、お祭り芸人です。明るくて、大声を出して騒いでる芸人さん。芸風で一番憧れているのはハリウッドザコシショウさん! 周りの人からは、『SMAイズムを受け継いでるな、お前は!』と言われてます(笑)。そして将来的には、島田珠代さんや山田花子さんのようになれたらなと思ってます」

しかし彼女は「そんな皆さんをめざすには、圧倒的にネタが弱い。ザコシショウのように、ちゃんと計算して笑ってもらえるようになりたい」という自己分析もできている。

「だから、ちゃんとしたネタを練って、賞レースに出たいんです。芸歴まだ2年なので、『R-1グランプリ』にもあと8回は出られる。『THE W』もちゃんと狙っていけば、チャンスはあると思うんです。だから今年は、賞レースを狙えるネタをブラッシュアップしていく年。3年目になる来年は、本気で賞レースを頑張る年だと決めています。たくさんテレビに出させていただいている今は、やす子という名刺を配らせてもらっているとき。その名刺を持って、賞レースで良い結果を残していきたいです」

強い口調でやす子が賞レースへの想いを語るその裏には、芸人としてキャリアアップをしたい、売れたいという気持ち以上に、自分自身が生きていく上でキチンとした試練が必要だ、という想いがある。

「自分は今まで、人生設計というものを何も考えて来なかったんですね。だから自衛隊も後先を考えずに辞めてしまったし、せっかく入った清掃会社も去年の秋で辞めてしまいました。今は芸人をやっていますけど、もしかしたら半年後、自衛隊と同じように、急に辞めてしまうかもしれない。正直言うと、芸人に対するこだわりもほかの芸人さんほどは強くないですし……自分で自分がよくわからないんです。実際、水族館の飼育員や漁師とかもやってみたいと思ったり。今は本当に、自分が何かを探していて、“仮”でいる状態で。でも、そう感じてしまうのはきっと、芸人としての努力が足りないまま、運良くテレビに出させてもらえてるからだと思うんです。だから……賞レースを思い切り頑張れたときに、楽しいだけじゃない、芸人として生きる意味みたいなものが、自分でちゃんと掴める気がしてるんです」

「10代の自分には何も良いことはなかったけど、芸人をやっている今は本当に楽しいし、幸せ」と言うやす子。「いつまで芸人をつづけるか自分でもわからない」と言いながらも、「耳の不自由な人にもネタを楽しんでほしいから、最近、手話をめちゃめちゃ勉強してます」と、とても前向きに、体当たりで、芸人としてさまざまなことに生真面目にチャレンジしているのも、やす子らしい。ひとり図書室で過ごし、面白いと言われたことのなかった少女が、今では何万人、何十万人の人を笑顔にしている。彼女がこれから、どんな芸人に育っていくのかとても楽しみだ。

 

文・取材:阿部美香
撮影:塚原孝顕

連載芸人の笑像

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!