CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

オーディション~原石の発見

若手スタッフの感性でオーディションを刷新する『ミュージックレインオーディションプロジェクト』【後編】

2021.07.06

ソニーミュージックグループが関わるさまざまなオーディションをピックアップし、開催の舞台裏、求める才能、そこに込められたスタッフの思いなどを掘り下げる連載「オーディション~原石の発見」。

今回は、寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生らが所属するミュージックレインが開催する『ミュージックレインオーディションプロジェクト』をピックアップ。これまで行なわれてきた『ウタカツ!』と『スーパー声優オーディション』に加え、新設の『クリエイターオープンコール』のジョイントとなる今回のオーディション。その運営に集結したミュージックレインの若手スタッフ4名に、開催への意気込みを聞く。

後編では、オーディションで求める才能の具体像や、審査のポイントなどを語る。

  • 堀めぐみ

    Hori Megumi

    ミュージックレイン
    制作本部 マネジメント

  • 浅田未文

    Asada Mifumi

    ミュージックレイン
    制作本部 マネジメント

  • 石川友里恵

    Ishikawa Yurie

    ミュージックレイン
    制作本部A&R制作部

  • 鈴木杏奈

    Suzuki Anna

    ミュージックレイン
    制作本部A&R制作部

ミュージックレインオーディションプロジェクト

 
『ウタカツ!3』『スーパー声優オーディションα』『クリエイターオープンコール』という、それぞれアニソン歌手、声優、クリエイター(複数選択可)を主に募集するオーディションの合同プロジェクト。公式Webサイトからの応募締め切りは7月31日17時。エントリーはこちら

応募者と一緒に前向きな話ができるオーディションにしたい

『スーパー声優オーディション』出身の1期生によって結成されたスフィア。

――応募締め切りが7月31日に迫っていますが、どんな人に応募してほしいですか?

石川:本当にどなたでも、気軽に応募してほしいです。ミュージックレインは、女性アーティストが多く所属している会社というイメージが強いかもしれないですが、そんなことはなくて。

もともとは、男性アーティストの楽曲も多くリリースしていた会社ですし、今後も幅を広げていきたいと思っているので、性別を問わず奮って応募していただきたいです。もう、「とりあえず、応募してみよう!」くらいの気楽な気持ちで参加してもらえたら。

鈴木:私も性別を問わず、新しい才能をもった方に出会いたいと思っています。また、今までオーディションを受けてきたけど、その枠にうまく当てはまらなかった人たちの個性を伸ばしていけるのが、うちの会社の強みでもあると感じています。

『スーパー声優オーディションα』の応募項目にいきなり“マジシャン”っていうワードが入っていたり、これまでにはなかった“ゲーム実況者”なんていうのもあったりして。枠に囚われないで、今後の活動を一緒に考えていきましょうという気持ちでいるので、とにかく、何かにチャレンジしたい人、表現したい人とお会いしたいです。どんな面白いものが作れるのか、一緒に前向きな話ができるオーディションにしたいなと思っています。

まずはとにかく1回、お話がしたいです! っていう気持ちがすごく強いですね! 全員そう思っているので、ちょっとでもこのオーディションが気になってくれた方は、「私、これならできます」っていうのをアピールしてほしいです。

浅田:私も同意見ですね。5月20日に本プロジェクトのサイトをオープンしてからSNSなどで反応を見ているんですけど、募集要項の“性別不問”という文字に反応して、「え? ミュージックレインって性別関係なく応募できるの?」という声を見かけます。昔から性別不問で募集していたんですけど、それでも現在の所属アーティストのラインナップからイメージがついているんですよね。なので、ミュージックレインは男性女性関係なくたくさんの方に応募していただけたらなと思っています。

声優にはなりたいけど、「私にはマルチな才能なんてないかも」と感じている人もいると思うんです。でも、自分では気づいていなくても、ほかの人から見たらそれは才能だということもあると思うので、例え自信はなくても、やりたい気持ちがあるのであればぜひ応募していただいて、一緒に才能を開花させるお手伝いができたらなと思っています。

堀:そうですね。多くの方が一瞬、「自分が応募して良いのかな」って思うかもしれないんですけど、そこに囚われずに気軽に応募してほしいですね。また、幅広く募集をしているので、「これだけは自信があります」っていう人はもちろん、興味や好奇心が旺盛で、やってみたいと思うことがいっぱいある人にも応募してきてもらえたらなって思います。

オンラインでも、“見てほしい”ポイントを表現してほしい

――5月20日にサイトがオープンしてから1カ月以上経ちましたが、手応えはいかがですか?

鈴木:新設のオーディションということもあって一番心配していた『クリエイターオープンコール』が、蓋を開けてみたら一番応募がありました。今後の動向はわかりませんが、応募してくれる方がいてホッとしました。

――審査のポイントはどう考えてますか。皆さんはどこを重点的に見るのでしょうか。

堀:皆さんにWebで応募していただいた情報を私たちもパソコン上で見ているので、見やすさや情報のたどり着き方が重要になってくるし、オンラインで力を発揮する戦略が必要になってくるかもしれないです。

もちろん、私たちはすべての応募書類に目を通しますが、“こういうところを見てもらいたい”という点がちゃんと表現されていると、お互いに欲しい情報にタッチできるんじゃないかなと思っていますね。そこをちょっと工夫してもらえると良いのかなと思います。Webだけの応募も今回初めてのことですし、書類審査のあともオンラインでの選考になるので、こちらも想像がつかない部分もたくさんありますね。

石川:歌やセリフ読みが上手いとか下手とか、かわいいやきれいだけではなく、“パッと印象に残る人”ということもアーティストや声優として大事な要素だと思うので、私は一番そこを見ちゃうかもしれません。

『ウタカツ!3』公式サイト

浅田:何ごとにも一生懸命に打ち込むことは大切だと思うので、やる気とガッツに満ちあふれた方をお待ちしております!

堀:クリエイターの方の場合は、オンラインの審査で顔出ししないパターンもあると思います。それでも、一緒に仕事をしていく上で、人となりを知ることはお互いにとって大事だと思うんですね。なので、オーディションを受けられる側としては緊張すると思うんですが、ちょっとでもしゃべろうとしてくれる気持ちがあるとうれしいですね。口下手でも良いから、自分のアピールポイントを少しでも伝えてほしい。この人と一緒にやっていきたいなって思えるような人間性が垣間見えたら良いなと思います。

『クリエイターオープンコール』公式サイト

鈴木:ちなみに『クリエイターオープンコール』は、ほかの事務所や団体に所属していても応募OKなんです。例えば普段は会社員だとか、創作ユニットなどに所属しているアーティストとか。そういう環境でも、ミュージックレインのアーティストと何かやってみたいっていう方がいらっしゃれば、ぜひ応募していただきたいです。

――合格者の人数などは?

堀:まったく決めてないですね。

浅田:私たちも未知数すぎて。

石川:オーディションを運営するのは初めての人間ばかりなので、みんなで意見やアイデアを出し合いながら進めている状況ではありますね。

鈴木:応募してくださった人と一緒に道を切り拓いていくこともできると思います。

石川:そうですね。「ミュージックレインとどんなことができるだろう?」ということを一緒に考えていきたいという気持ちも強いです。

鈴木:複数部門の応募もできますし、『スーパー声優オーディションα』の応募者で、歌がすごく良いってなったら、「『ウタカツ!3』も受けてみない?」とこちらからお声がけする場合もあるかもしれない。そこは柔軟に対応していくつもりです。

社内でこれまでオーディションを運営してきた先輩たちからは「全応募者をスタッフ全員で審査してた」と聞いていて。なので、1次審査ではこの4人だけでなく、なるべく多くのスタッフで書類を見て、光る才能に気づける、見落としのない体制で臨みたいと思ってます。

『スーパー声優オーディションα』公式サイト

――応募期間は7月31日までになっていますが、今、応募するかどうかを迷ってる人に対して、最後にメッセージをいただけますか。

堀:例えはちょっと違うかもしれないですが(笑)、宝くじと一緒で、買わなきゃ始まらないと思うんですよ。だから、もしも迷っているんだったら、まずは応募してほしいなと思います。

浅田:少しでも興味があるのであれば、ぜひ応募していただきたいですね。どんな方でもウエルカムなので、気軽に応募していただきたいです。あとは、今回3部門同時開催なのですが、応募フォームは全部門共通のものになっているので、サイトの内容をしっかり読み込んで、自分が応募する部門に必要なものをご確認いただけるとありがたいです。

また、『ウタカツ!3』と『スーパー声優オーディションα』に関しては、2次審査の開催を土日に行なうことを考えているので、学生さんでも参加していただきやすいのかなと思います。

石川:門戸を広げて待っているので、ぜひチャレンジしてほしいですし、一歩を踏み出して! という気持ちです。ミュージックレインの新たな道を一緒に切り拓いていけるような方々と出会えるのを楽しみにしてます。

鈴木:Web応募に加えて、最初の面接もオンライン開催なので、地方在住の方も今まで以上に受けやすくなってるのではないでしょうか。このチャンスをぜひ利用していただきたいですね。今回のオーディションは我々にとっても新たな挑戦です。たくさんのご応募、お待ちしております!

 
文・取材:永堀アツオ

関連サイト

『ミュージックレインオーディションプロジェクト』公式サイト
https://www.musicrayn-audition.com/
 
『ミュージックレインオーディションプロジェクト』公式Twitter
https://twitter.com/musicrayn_2021
 
『ミュージックレインオーディションプロジェクト』公式Instagram
https://www.instagram.com/musicrayn_2021/
 
ミュージックレイン公式サイト
https://musicrayn.com/
 
『ミュージックレインオーディションプロジェクト』オーディションに関する問い合わせ
sd-03@sonymusic.co.jp

連載オーディション~原石の発見

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!