CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

アーティスト・プロファイル

活動20周年。すべては歌いつづけるために【後編】

2022.05.03

気鋭のアーティストの実像に迫る連載企画「アーティスト・プロファイル」。

「ミス週刊少年マガジン」として芸能活動をスタートさせ、今年、活動20周年を迎えた中川翔子。2007年に、“新・ブログの女王”として話題になり、類まれなる才能を発揮。今や、歌手、タレント、声優、女優と、ジャンルを超えた活躍ぶりを見せている。長年にわたり、幅広い年代から注目されつづける“しょこたん”の“幹”となっているものとは。

後編では、20年間の多岐に渡った活動や、歌に対する想いを聞く。

中川翔子 Nakagawa Shoko

1985年5月5日生まれ。東京都出身。血液型A型。2002年11月、「ミス週刊少年マガジン」に選ばれる。2006年7月5日、シングル「Brilliant Dream」でCDデビュー。2007年に、ブログの総アクセス数が5億ヒットを超え、“新・ブログの女王”として話題になる。2022年、芸能生活20周年を迎え、5月5日には恒例のバースデーライブを開催。6月8日には、芸能界デビュー20周年を記念した写真集『ミラクルミライ』を発売する。

人生ってなんだろな?

グラビアから始まり、ブログ、バラエティタレント、漫画家、歌手、声優と活動のフィールドを広げてきた中川翔子は、2010年に映画『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』で初主演を務めたことを機に、女優業へも積極的に挑んでいった。

「30代になる前に、『20代のときは、いろいろやっててもそこそこできれば、すごいね、みたいになるけど、30代からは、そこそこの人たちはいなくなるから、どれかひとつに絞ったほうが良い』と、事務所の会議で言われまして(笑)。『え? そうなんだ』っビックリしたんですね。20代はフルスイングでお仕事をさせてもらって、いっぱい夢が叶ってうれしかったんですけど、そうなのか、これからは年齢で見られるのねって思ったんです。それが、実際は30代から舞台やミュージカルにも出演するようになって、ディナーショーも加わって。……逆に、広がったんですよね(笑)」

2011年、ディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』の吹き替え版でヒロインを務め、2014年には主演映画『ヌイグルマーZ』が公開。2017年には手塚治虫原作の舞台『妄想歌謡劇 上を下へのジレッタ』で、空腹時にだけ絶世の美女に変身するという歌手を演じ、好評を博している。

「舞台は絶対にやりたくないというか、私にはやれないと思っていたんですけど、本番でお客さんからもらえる拍手のご褒美感がすごかったんです。当時、中川翔子が実は歌ってる人だっていうことを知らない人がいっぱいいて、SNSで“しょこたんってこんなに歌えるんだ”って拡散してくれたことがうれしかったですね。元来の自己肯定感の低さと戦いつつ、『褒められたいからやるぞ!』と気合いが入る、みたいな。そういう経験値の積み重ねも大きかったです」

そして2020年には、YouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』を開設。現在では登録者数85万人を超える人気チャンネルとなり、先日公開した白ビキニの水着動画は、1,200万回再生を突破した。

100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。

「マネージャーから『夏だし、水着やりません?』っていう提案があって。『嫌だよ!』『やりましょうよ』っていう攻防を4回くらいしました(笑)。そんなふうに最初は躊躇してたんですけど、よく考えたら、これからもつづく人生のなかで、今が一番若いんですよね。今が一番年を取ってるっていうネガティブな捉え方は嫌なんです。そうじゃなくて、明日、また1日年を取るのであれば、今日が一番若いんだよなと考えたら、“記念にいっか!”って思えて。

YouTubeは、ゆるっと始めてゆるっとやってる感じだし、何回もすっぴんを晒してるし、寝起きでゲーム実況をやったりしてるから、水着になるのも、ま、いいかと思って。でもYouTubeは、テレビ以上にずっと残るんですよね。最初はそれがわかってなくて、勢いとノリでやっちゃってたんです。『バズらせるぞ!』と狙ってやってたら、あんなに再生回数は伸びてないと思うんですよ、たぶん。今は、初めて会う人が『水着見ました』って言ってくれる確率が高いですね。『デビュー当時は需要なかったじゃん!』って思うけど、逆に熟成肉的な(笑)? 今が食べごろだっていうことであれば、恥ずかしいけど、ありがたいことでもありますね」

YouTubeをきっかけに、これまでの中川翔子の活動を知らない、新たなファンが増えていることも実感しているという。

「街を歩いていると、普段は混じり合わなかったような人たちから『運転免許おめでとう』とか、『ベンツ買ったんだって?』とか言われたりします。私は、自分が運転をしたり車を買ったりするとはまったく思ってなかったんですよ。こじんまりと電車移動で暮らしていくだろうなと思っていたから、自分としても意外だけど、やっぱりYouTubeがあったから、免許をとったり車を買ったりするようになったんだと思います。そんなふうに、今までやらなかったことをやっているのが楽しいですね。

ついにベンツ買いました!

漫画が好きで、歌うのが好きだっていうのは一生変わらないと思うけど、それ以外のやってこなかったこと、やるつもりがなかったことをやるのが面白い。毎日、生まれて初めてをやるのも楽しいし。やってみたら面白いじゃんになっていくのも楽しくて。

このタイミングでYouTubeを始めてなかったら、この先の活動が細まっていって、しぼんでいたかもしれないと思うと、これもちゃんと意味があるんですよね。YouTubeのおかげか、以前よりもバラエティ番組への出演オファーもすごく増えました。結果、コロナ禍前よりも忙しくなって、でもそれがたたって、今年の元旦に入院してしまいました。本当に、次々といろんなことが起きて、変だし、面白いし、残酷だし、ありえない夢も叶うし。人生ってなんだろな? って今、思ってます」

歌うことが一番の夢

歌手、グラビアアイドル、バラエティタレント、声優、女優、そしてYouTuber……数々の肩書きを持つ中川翔子だが、彼女自身は「しょこたんは何の人」だと自覚しているのだろうか。

「さまざまなお仕事をさせていただいているなかで、私にとっては年に1回のバースデーライブが、絶対に必ずやりたい目標になっています。コロナ禍で、この2年はできなかったんですが、バースデーライブは、みんなと直接会えるうれしさももちろんですが、自分にとっての1年間の活動の総決算でもあり、ご褒美であり、これまでやってきたことの答え合わせでもあります。リリースの間隔が空いたときでも、とにかく歌いつづけたい、歌うことが一番の夢だと思ってきました。それが実は一番難しかったりするんですけど……。

だから、私という “木”の“幹”には、歌があることは間違いないです。でも、ほかの生い茂った枝と木の実たちがないと枯れちゃう木でもあって。本当にひと言で『何々の人』とは言えない、全部があって私だなって思います。今はYouTubeが、天職という言葉が合っているのかわからないんですけど、2年前に始めて、『前からやっていれば良かった~』と思うくらい、生活のエネルギーになってます。

本当、車幅は広がっていくばかりなんですよね。たぶん、これからもどんどん拡張されていくと思います。これまでにどれか活動をひとつだけ選ぶということも無理だったと思いますし、いろんな活動をすることに関しては、もやもやしたり、迷ったり、悩んだりせずに楽しんでやってこれました」

活動のフィールドがどんどん広がっていくなかで、中川翔子が、松田聖子に憧れ、アニソンを歌う歌手になることを夢見ていたことを知っている昔からのファンのなかには、「歌う中川翔子が好きなのに!」という人もいる。その声も、彼女にはちゃんと届いている。

「愛ゆえにそういう批判になることもわかってます。歌ってる姿が好きって言ってくれることは一番うれしいんですけど、そのためにも、そのほかのいろんなことも全力で頑張らないといけない。“歌だけやってたらつづいてないぜ!”って思うので、私はこれで正解だと思ってます。

おかげで、いろんな景色を見させていただいたんですよね。海外に行ってアニソンのお仕事をするとか、ガラパゴスに行ってダイビングするとか。ただ中野に引きこもってるだけでは絶対にできなかったことが山ほどできているのは幸せすぎます。

これからも、お仕事をいただける限りは、自分だからできることを目指してやっていきたいです。歌える機会をいただけることは何よりもありがたいけど、歌だけを頑張るのではなくて、どのお仕事であっても、ちゃんと中川翔子で良かったと思ってもらえるようにしたい。そう考えると、マジで無限大で果てしないので、面白いですね」

うれしいことも、悲しいことも、全部含めて経験値

自身の誕生日当日である5月5日には、東京・チームスマイル 豊洲PITで、3年ぶりとなるバースデーライブ『Shoko Nakagawa LIVE 2022 三年ぶりのバースデーライブレベルアップ進化そして20周年パーティー!みんなでドリドリしながら天元突破でフレフレしようぜ!』を開催する。目標でもあり、ご褒美でもある、中川翔子にとって最も大切な場のひとつだ。

「有観客で久々にやれるのはすごい大きいことですね。毎年、これで最後かもっていう覚悟でステージに立ってきたけど、コロナ禍で2年連続で中止になってしまって……。でも、諦めずにいたら、また復活できることになった。活動20年を経て、歌いつづけるという夢を叶えられているのは、待っててくれた皆さんのおかげですし、長く応援してくれている方も、YouTubeで新しく知ってくださった方も、出会えた喜びが本当に大きいです。歌って、何よりも聴いてくれる人がいないと成り立たないものなので、もう、感謝の塊ですね。出会ってくれた人みんなが長生きすれば良いのに、寿命延びれば良いのに、幸せだったら良いのにって、心から思ってます」

目を輝かせながら、ファンとの3年ぶりの再会を心待ちにしている彼女は、2公演行なわれるこの日、みんなで楽しめるダンス曲中心のセットリストを用意して臨む予定だ。

「今回、声も体もめちゃくちゃ使う、これまでで一番体力がやばいセットリストになってます。1日2回、フルスイングでやり切れるのかって思うんですけど、ユンケルスターの力を借りて、そこは戦わなきゃなって思いますね。今、ライブに向けて毎日プランクをやってます。衰えを感じさせちゃいけないし、むしろ、今が一番元気って感じになりたいですね。

私の尊敬する水木一郎さん、ささきいさおさん、堀江美都子さんは、『今が一番元気だし、一番声が出るよ』って、皆さんおっしゃるんですよね。堀江さんなんて、『女性は声が30代から体質的に変わっていくのはしょうがないんだけど、腹から出た声を口のなかで手術してから出すので、今も当時の声で出す!』って言ってて。全然わからないけど(笑)、めちゃくちゃカッコ良いですよね。

一番の大事な作戦は、健康で、命を大事にすること。その上で、今が一番元気だし、新しいこともなんでも楽しんでるっていう姿を見てほしい。今までのうれしいことも、悲しいことも、叶った夢も、大変だったことも、全部含めて経験値だから。だからこそできることや出る言葉が必ずあるって信じていきたいですね。20年、つづけてこられた奇跡と感謝を忘れずに、これからも頑張りたいなって思ってます」

すべてのことに全力で向かい、時に喜び、時に傷ついた先には、どんな未来が待っているのだろうか。

「昔から言ってる壮大な夢は、カッコ良い熟女になって、立派なシャンソン歌手になるっていうこと。祖母が、私が物心がつく前から、四谷にあるシャンソンバーに連れていってくれてて。『愛の讃歌』も、子守歌替わりに聴いてたんです。その祖母が亡くなるとき、『しょうこ、シャンソン歌いなさい』って言ってくれたことが忘れられなくて。

そのためには、説得力や貫禄を身につけたカッコ良い女性にならないといけない。だから、いろんなうれしい体験も、傷ついた体験も、いつかシャンソンにいかすためだって思えるんです。そう考えると、今はまだ全然途中というか、まだまだ人生の半ばなんだなって思いますね」

文・取材:永堀アツオ
撮影:荻原大志
スタイリング:尾村 綾(likkle more)
ヘアメイク:灯(ルースター)

ライブ情報

『Shoko Nakagawa LIVE 2022 三年ぶりのバースデーライブレベルアップ進化そして20周年パーティー!みんなでドリドリしながら天元突破でフレフレしようぜ!』
 
2022年5月5日(木) 東京・チームスマイル 豊洲PIT
詳細はこちら

連載アーティスト・プロファイル

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!