CocotamesearchtwitterFacebookSeriesnewsaboutarticlesstorypick up
連載Cocotame Series

Eyes on

22/7:新メンバーインタビュー#2【相川奈央・麻丘真央・雨夜音・月城咲舞】編

2022.07.27

今、注目すべき旬のアーティストにスポットを当て、最新インタビューとプライベートショットで素顔に迫る「Eyes on」。

今回はデジタル声優アイドルグループ、22/7に加入した8人の新メンバーをフィーチャー。7月27日に9枚目のシングルとなる「曇り空の向こうは晴れている」をリリースし、今夏には初の札幌、福岡公演を含む、全国ツアー『ナナニジ夏祭り2022』に挑んでいる彼女たちに、グループに加入してからのこれまでと、これからの活動、そして個人個人の目標について語ってもらった。

#2では、相川奈央、麻丘真央、雨夜音、月城咲舞のインタビューをお届けする。

  • 相川奈央

    Aikawa Nao

    西浦そら 役
    メンバーカラーはターコイズブルー

  • 麻丘真央

    Asaoka Mao

    桐生塔子 役
    メンバーカラーは若竹色

  • 雨夜音

    Amaya Oto

    八神叶愛 役
    メンバーカラーはワインレッド

  • 月城咲舞

    Tsukishiro Emma

    氷室みず姫 役
    メンバーカラーはルージュ

22/7(ナナブンノニジュウニ)

秋元康総合プロデュース、ソニーミュージックとアニプレックスがタッグを組んだアイドルプロジェクト。通称、ナナニジ。日本を代表する有名クリエイターたちが手掛けたキャラクターを演じる声優アイドルのオーディションで結成された。2022年2月27日に、新メンバーとして相川奈央、麻丘真央、雨夜音、清井美那、椎名桜月、四条月、月城咲舞、望月りのの8人が加入し、総勢14人の“新生”22/7として、さらに活動の幅を広げている。

長くて短い、加入からの150日

――22/7新メンバーの皆さんへのインタビュー#2では、雨夜音さん、月城咲舞さん、相川奈央さん、麻丘真央さんにお話を伺います。まずは自己紹介からお願いします。

雨夜:八神叶愛役の雨夜音です。特技と胸を張って言えるようなものはないんですけど、水泳とバレエは小さいころからつづけていました。私はもともとアイドル志望というより、声優志望の想いが強くて。でも22/7に入って皆さんと一緒に活動するようになって、私もこんなにキラキラしたアイドルになりたいなと思うようになりました。ダンスや歌も習ったことがなかったのですが、レッスンを受けて少しずつ上達しているかなと思えているところです。

22/7の、雨夜音です。映画、音楽、アニメが大好きです。22/7からアイドルに興味を持ち憧れるようになりました。(雨夜音)

月城:氷室みず姫役の月城咲舞です。得意なことはダンスです。(相川)奈央ちゃんはヒップホップのダンスがすごく上手なんですけど、私はジャズダンスという、身体をしなやかに使うダンスが得意です。創作ダンスもやっていて、3月10日に開催されたファンクラブ限定コンサートのときにも踊らせていただきました。歌はあまり得意じゃないのですが、22/7の14人のなかには歌が上手なメンバーもいるので、支え合いながら活動しています。よろしくお願いします。

相川:西浦そら役の相川奈央です。私は本当に特技がなくて、ずっとやっていることと言えば鏡文字と、最近カルタも得意なんじゃないかと思い始めています。自分がアイドルになって、皆さんの前に表現者として立つことになるとは、オーディションを受ける前までは想像もしていなかったので、今、こうしてインタビューを受けさせていただくときも、まだ不思議に感じることがあります。人見知りが激しくて、知らない人の前に立つとすごく緊張してしまうんですが、打ち解けたらめちゃめちゃ話すタイプです。

麻丘:桐生塔子役の麻丘真央です。特技はフェンシングで、小さいころからずっとやっています。ダンスや歌は未経験だったので最初は大変でしたけど、初めてやりたかったことができて、すごく楽しいです。

――皆さんは2022年2月27日に22/7に加入して、ニューシングル「曇り空の向こうは晴れている」のリリース日である7月27日には加入後150日を迎えます。皆さんにとってこの150日は長かったですか、短かったですか。

麻丘:3月に行なったライブツアー『22/7 LIVE TOUR 2022「14」』が、1年以上前のことなんじゃないかと感じられるくらい長い150日でした。22/7の活動だけでなく私自身の予定も含めて、何もない日が1日もなかったなと。まだ半年しか経ってないんだ? っていう感じです。次のライブの準備や、今回のニューシングルのレコーディングなどもぎゅっと詰まっていたので、私としては長かった150日だと感じています。

メンバーと遊びに行った時の写真です! 自分の名前で名札を作りました!

雨夜:3月のツアーはたくさんの会場で行なわれましたし、次のライブのリハーサルもほぼ毎日あって。新曲のレコーディング、既存曲のレコーディング、ユニットの振付など覚えることがたくさんありました。また、ひとりの時間になっても、Twitterで何を発信するかを考えたり、とにかく22/7のことを考えてきた150日でしたね。私は22/7に入る前はそんなに予定を入れたことがなかったので(笑)、毎日毎日何かがあることで、本当に長い1日、濃密な半年を過ごしているように思います。

相川:私は目の前のことをこなしているだけで、あっという間に時間が経ってしまったという感覚です。毎日たくさんの予定があるので、気が付いたら1日、1週間が過ぎているような状態で。私は150日と言っても、すごく短かったなっていう感覚がありますね。

月城:私もそうです。楽しい時間ほど短く感じるというか。私は22/7に加入する前、福岡に住んでいて、(雨夜)音ちゃんと同じく、あんまり予定を入れていなかったんです。学校とダンスにしか行っていなかったので、時間が経つのがゆっくりだったんですけど、今は22/7の活動があって、とても時間が経つのが早いですね。あと、私はダンスが好きなので、好きなことやっているから早く感じるのかもしれません。

メンバーカラーのルージュ色のソーダを頼んだよ〜!! 甘さ控えめで美味しかったです! 混ぜて飲むの忘れちゃった…。(月城咲舞)

声優としての活動と、アイドルとしての活動

――それでは、22/7に加入する前に抱いていたグループのイメージと、加入してから感じたもので、どんな違いがありましたか?

雨夜:私にとっての22/7は、TVアニメだったり、YouTubeで見たアニメのキャラクターのmusic videoだったり、そちらのインパクトが大きくて。アイドルというより、声優アイドルというイメージが私のなかでは強かったですね。でも実際に入ってみたら、もう本当に“ザ・アイドル”っていう感じのスケジュールなんですよ。私は学生のころからスケジュール帳が基本的に真っ白で、仕方がないから学校の時間割とか、持ち物を書いて埋めていたんですけど(笑)。

一同:(笑)

雨夜:でも、今はリハーサルやレッスンの予定を書くだけでスケジュール帳が埋まるので、それがちょっとうれしいです。

麻丘:私はもともとアニメとか漫画を見てこなかったんです。声優業のコンテンツも知らなかったので、22/7の活動もアニメ軸の方が全然わからなくて。リアルなライブ映像だったり、アイドルの活動ばかりを見てきました。だから、今アニメをすごく勉強しています。そして、初めて全話見たTVアニメが『22/7』でした(笑)。

相川:私は友達から22/7の存在を教えられてオーディションを受けました。友達が22/7が大好きで、オーディションを受ける前に22/7のレポートみたいなものを作ってくれたんですね。そのレポートには、YouTubeで見た方が良い映像とか、絶対聴いた方が良い曲とか、22/7のグループについて詳細な情報が書かれていました。声優とアイドル、どっちもマルチで活動している人たちだということをそこで深く知ったんです。

実際に22/7に入ってみたら、トーク会や特典会といったリアルな活動については、当たり前ですけど、そのレポートには書かれていなかったので(笑)、そういう活動も大事なんだなと思いましたね。あと、レポートには22/7は曲中にセリフが入ることが多いとか、バラエティ番組『22/7 計算中』の活動もあると書いてありましたが、実際に活動してみて、確かに(曲中に)セリフが多いんだなとか、『22/7 計算中』の活動も重要なんだと実感しました。

ノリで動きすぎて謎な行動の連発で笑いが止まらない毎日です!(相川奈央)

月城:私は22/7の声優の活動の方を先に知っていました。私には弟がいて、彼がアニメやVTuberのことにも詳しいんですが、『22/7 計算中』を弟に見せたら「これはすごいね!」って驚いていて。こういった声優活動がメインなのかなとずっと思っていました。でも、22/7に入ってみると、アイドルの活動がたくさんあって、現時点ではアイドルの印象の方が強いです。きっとこれから『22/7 計算中』などでモーションキャプチャーのスーツを着たり、声優の活動も本格化してくるのかなと思っています。

自分でキャラクターを作っていく難しさ

――皆さんにはそれぞれ担当するキャラクターが用意されています。キャラクターを演じるということに、どんな面白さ、難しさを感じていますか。

雨夜:私たちのキャラクターは、自分たちをモデルにしているので、性格とか趣味とかは私たちに似ています。原作があるキャラクターだと、セリフが決められていたり、しゃべり方や抑揚の付け方も設定として決まっているものだと思うんですけど、私たちにはそれがなくて、全部、自分自身で作っていくことになる。それは責任重大だなと感じています。正直言って、自分が上手く演じられたと思うことはまだないんですが、『22/7 計算中』などで場数を踏んで、少しずつ八神叶愛ちゃんのキャラクター像を具体的に掴んでいけたら良いなと思っています。

月城:私が22/7に入ったときに書いたアンケートで、女性が憧れる女性のキャラクターを演じたいって答えたんです。そうしたら、私が担当することになったキャラクター・氷室みず姫ちゃんが、すごくカッコ良かったんですね。私は性格的にも、感情を表に出すことが得意な方ではなくて、声優としてはまだまだ猛勉強が必要なんですが、こういう声優アイドルグループに入ったからには、自分の殻を破って、自分の感情もしっかり表現して、みず姫ちゃんのカッコ良さを出していきたいと思います。

相川:自分のなかからキャラクターの個性を生み出していかないといけないので、それが難しいなと。私は相川奈央個人としての人生しか送ってきていませんでしたが、これからは西浦そらというキャラクターの人生もしっかり考えていかないといけないし、それはすごく責任重大だなって思うんです。

同時に、そのキャラクターを演じることで、その子が味わった喜びや辛いことを私も感じることができると考えると、人生を何倍にも楽しめるかもしれないと思って、楽しみでもあります。

麻丘:私もキャラクターを演じるのは、すごく難しいなって思っています。自分のキャラクターは半分自分というか、7割ぐらい自分なんですけど、でも、やっぱり完全に自分ではないんですよね。自分とは切り離さなければいけない部分もあって、そこがまだうまく境界線を作れていない気がします。

先日、『22/7 計算中』の収録があったんですけど、そこでもまだ気恥ずかしい部分があって、ほぼ10割自分でした(笑)。やっぱりキャラクターであるからには、自分自身と違う部分があるほうが絶対に面白いと思うので、自分のなかでいろいろ考えて、桐生塔子という個性を生み出していきたいです。

お仕事の合間に差し入れのドーナツを食べました~! ひとりで1個食べるのは罪悪感あるねとなり、ふたりで半分こしたときの写真です!(麻丘真央)

衝撃的だった9枚目シングルの歌詞

――22/7の9枚目となるニューシングル「曇り空の向こうは晴れている」がリリースされました。14人フルメンバーによるダンスやレコーディングに挑まれていかがでしたか。

相川:楽曲をいただいた時期に、22/7のメンバーとしてやらなくてはいけないことと、私自身のやらなくてはいけないことが重なっていて、個人的にすごく大変でした。でも今、dance videoを見ると、すごく良いものになったなというのを感じています。

麻丘:これまでは、既存の曲で自分のパートを歌うというかたちでしたが、今回は私のパートがあって、歌うことがすごく楽しかったです。レコーディングのときも、自分の表現でOKをいただけることが多くて、でき上がった音源を聴いたときも、完成した楽曲のなかで自分の声を聴くことができたのはうれしかったです。

雨音:新曲では3~4人のグループに分かれてレコーディングしました。私の名前の書いてあるパートに、自分の声が初めて入るのがうれしかったですし、レコーディングブースの透明なパーテーションの向こうにほかのメンバーが見えて、そこで手を振り合って緊張をほぐしながら収録できたので楽しかったです。

私が歌いたいように歌ったら一発OKという部分があったのもうれしかったですね。私は振付を覚えるのがあまり得意じゃないんですけど、今回はふわっとしたものや、軽く飛んだりするものが多くて、楽しく踊る感じだったので、スムーズに覚えることができました。

お散歩が大好きです。夜は街灯に虫が集まってくるので、虫嫌いの私は虫がいないかキョロキョロです。(雨夜音)

月城:今回のレコーディングでは、私と相川奈央ちゃんがペアで歌ったんですが、私は歌には苦手意識があったので、歌が得意な奈央ちゃんの足を引っ張らないようにと思って頑張りました。サビ前で盛り上がるところをどうやって表現しようかと考えていたら、歌の上手い先輩の方々がいろいろとアドバイスをしてくださって。ファンの方々からも、「サビ前の奈央ちゃんと私のパートがすごく仲良く聞こえるね」と言っていただけて、頑張って良かったなと思います。

14人で踊るのは22/7として一番多い人数なんですが、その人数をいかしたパフォーマンスになっていて、引いて見たときに花がぱっと開いている感じがあったり、全体を通して見ることでひとつのパフォーマンスができ上がっているところに注目していただきたいです。

――「曇り空の向こうは晴れている」は歌詞の世界も、とても印象的です。この歌詞を皆さんはどのように捉えましたか。

麻丘:1番からサビ、2番から最後と、歌詞がだんだん明るくなっていって、2番のサビには希望が見えているという構成で。最後のセリフでは本当の希望に辿り着く。自分たちの初めてのシングルで、これからの22/7への思いを秋元(康)先生が書いてくださったのかなと、歌詞を見たときに思いました。

雨夜:22/7の楽曲の良さって、歌詞の深さにあると思うんです。 最初に曲を聴いたときは、これまでの22/7とはガラッと変わった明るい曲調だなと思ったんですけど、サビが“死にたかった”となっていて。辛い気持ちに寄り添いながら、その先に希望を感じさせる、素適な歌詞だなと思いました。

相川:“死にたかった 死ななくてよかった”っていう歌詞が、爽やかなメロディに乗っているので、辛い想いを抱えている方の耳にも、すっと届いてくれるんじゃないかと思います。レコーディングをしているときも優しく歌えたら良いな、私たちの歌が、今、そういう想いを抱えている方の助けに、少しでもなれたら良いなと願って歌いました。

月城:最初に曲だけを聴いたときは、明るくてリズムがあって良い曲だなと思っていたんです。次に歌詞を見ながら聴いたときに、最初に思ったのは、この歌詞の世界観をどうやって表現したら良いんだろうということでした。伝え方が少し違うだけで、捉え方がすごく変わる歌詞だと思ったんですね。歌詞を書いてくださったのは秋元先生ですが、そのメッセージを世の中に伝えていくのは私たちなので、とても責任重大だなと思いました。

dance videoを撮影したときに、望月りのちゃんがセリフを言うパートで、すごく希望を感じさせてくれる表情をしていたんです。そのセリフと表情から、希望を受け取ってもらえるだろうなと私は感じました。これからコンサートで何回も披露するので、やっぱりそのときの感情に合わせて表現していくのが大事なのかなと思います。私はダンスを踊っているときの目線が良いねと先生から言われていたので、明るく笑みを浮かべながらも、カッコ良く決めるところは決めるといった表現に一番力を入れていきたいです。

22/7 9thシングル『曇り空の向こうは晴れている』dance video

夏バテ解消になる!? 全国ツアーを目指して

――今年の夏、皆さんは『ナナニジ夏祭り 2022』というツアーで全国を巡ります。今年の夏はどんな夏にしたいか、お聞かせください。

相川:自分が行ったことのない場所に行けるのが楽しみですね。私は、これまで一度も北海道※に足を踏み入れたことがないので、新しい出会いがあることに期待しています。もしかしたら、夜は美味しいものを食べられるかもっていうのも楽しみです(笑)。

あとは、前回のツアーのときも最初はすごく緊張していましたが、追加公演をするころには楽しくなっていて、もう1回歌いたいなと思えたので、今回もお客さんと一緒に楽しめるものになれば良いなと思っています。

※本取材は、2022年6月28日に行なわれたものです。相川奈央は体調不良のため、札幌公演は参加見送りになりました。

メンバーはみんな仲が良くっていつもふざけてます!(相川奈央)

月城:私と同じ福岡出身の宮瀬玲奈さんと、いつか福岡でライブをやりたいねと話をしていたんです。そうしたら、前回のツアーのときに、次のツアーは福岡でも開催されることが発表になって。その瞬間に、私は玲奈さんのことを思い出しました。スタッフの皆さんも「玲奈、待たせたね」って言っていましたし、私もうれしいですけど、玲奈さんが一番うれしいと思います。だからこそ、先輩メンバーの期待にも応えられるように、私も同じ熱量で頑張っていきたいと思います。

こんな近くで初めて飛行機を見ました! 手を伸ばしたら届きそう…。肉眼のほうが大きく見えたのに~!(月城咲舞)

麻丘:前回のツアーのときとはセットリストがガラッと変わっているんです。今回は“夏祭り”という名の通り、盛りあげる曲がたくさんあります。やっぱり曲が流れ始めて、ファンの方々が「おう!」と盛りあがる瞬間が楽しですね。私は普段からあまり緊張するほうではないので、楽しみという気持ちが強いです。いろんなところに行くことになって、ファンの方々もすごい楽しみにしてくださっていると思うので、その期待に応えられるようなライブにしたいです。

雨夜:私はライブをすることが大好きで、たぶんファンの皆さんよりライブを楽しみにしていると思うんです。緊張はするんですけど、ファンの方が応援してくださったり、ペンライトを振ってくださるのは、本当に頑張ってきて良かったなと思う瞬間です。

前回、私が行けなかった大阪でもライブをするので、そこで新曲を披露できるのがすごく楽しみです。この曲をやったら、皆さんどんなリアクションをしてくれるのかなって。夏真っ盛りで夏バテの方もいらっしゃると思いますが、夏バテ解消!(笑)できるくらいに、爽やかだなと思えるパフォーマンスができたらと思います。

――最後に、皆さんがこれから22/7のメンバーとしてアイドル活動していく上で、目標にしていることや野望があれば教えてください。

月城:22/7 はいろいろなことが経験できるグループだと思います。14人それぞれに得意なことと不得意なことがあるように、14人が補い合いながら、大きなグループになっていきたいなと思います。

私はダンスが好きなので、22/7 をパフォーマンスで支えることができればと思っていて。カッコ良い振付が好きなので、そのときに本領発揮していきたいなって思っています。あと、新メンバーお披露目の動画配信のときから、ラップにも挑戦してみたいって言っているんです。22/7の楽曲でラップが入っている曲は1曲(「キウイの主張」)ぐらいしかないので、ラップのカッコ良さを22/7でも引き出していけたらと思っています。

韓国食べ放題でgreenのスイーツ♪ 左下は抹茶です! タピオカも入ってる~。キウイのお餅は雪見だいふくみたいでモチモチしてました!(月城咲舞)

相川:私が22/7に入ることを決めたのは、自分に夢がないからだったんです。でも漠然とした将来像として“誰かを笑顔にしたい”“誰かが生きている理由になりたい”と思っていて。今はこの目標を22/7で実現させられたら良いなと思っています。ここでの活動をいかして、人としても成長していけたらと思っています。

雨夜:私はもともと声優として演じるほうが好きで、22/7に入る前から、ずっと家でひとりで練習をしていたんです。だから、これから演じる機会が増えたらうれしいなと思いますし、22/7の楽曲は本当に良い曲ばかりなので、より多くの方に知っていただきたいと思っています。そのためにも、いろいろなメディアに出られる人になることを最初の目標にして、22/7の魅力を伝えていきたいなと思っています。

麻丘:私は自分のことに精一杯で、グループとしての目標を考えてオーディションを受けたわけではないんですけど、グループに入って数カ月間過ごしてみて、楽曲に触れたり、メンバーと一緒に活動するなかで、すごく良いグループだなと実感することができました。

同時に、もっともっとこのグループが大きくなれば良いのにって思ったんです。特に先輩メンバーと関わっていると、その思いが強くなりましたね。仲が良いし、みんなに癒されるし、カッコ良いんです。そういうことをみんなに広めていって、もっともっと22/7を大きくしていきたいと思っています。

22/7「新メンバー 足し算中 vol.1 ~相川奈央(あいかわ なお)~」

22/7「新メンバー 足し算中 vol.2 ~麻丘真央(あさおか まお)~」

22/7「新メンバー 足し算中 vol.3 ~雨夜音(あまや おと)~」

22/7「新メンバー 足し算中 vol.7 ~月城咲舞(つきしろ えま)~」

文・取材:志田英邦

リリース情報

9thシングル「曇り空の向こうは晴れている」
発売日:7月27日(水)
配信・再生はこちら
作詞:秋元 康/作曲:田靡達也、中山 聡/編曲:中山 聡、田靡達也

 

 
■完全生産限定盤A(CD+Blu-ray):7,000円
予約はこちら
ライブフォトブック/三方背BOX/完全生産限定盤Aアーティストトレカ14種のうちランダムで1枚封入
Blu-ray:『22/7 LIVE TOUR 2022 「14」』昼公演@Zepp DiverCity(TOKYO)(2022.03.27)
 

 
■完全生産限定盤B(CD+Blu-ray):7,000円
予約はこちら
ライブフォトブック/三方背BOX/完全生産限定盤Bアーティストトレカ14種のうちランダムで1枚封入
Blu-ray:『22/7 LIVE TOUR 2022 「14」』夜公演@Zepp DiverCity(TOKYO)(2022.03.27)
 

 
■初回生産限定盤(CD+Blu-ray):1,850円
予約はこちら
Blu-ray:Making of Tour“22/7 LIVE TOUR 2022 「14」”
 

 
■通常盤(CD):1,250円
予約はこちら
 

ライブ情報

『ナナニジ夏祭り 2022』
詳細はこちら

連載Eyes on

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!