イメージ画像
イメージ画像
連載Cocotame Series

ミュージアム~アートとエンタメが交差する場所

メンバーの魂を入れ込んだ展示に――櫻坂46展『新せ界』の軸になっているもの【後編】

2023.09.29

  • Xでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Facebookでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • LINEでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • はてなブックマークでこのページをシェアする(新しいタブで開く)
  • Pocketでこのページをシェアする(新しいタブで開く)

連載企画「ミュージアム ~アートとエンタメが交差する場所」では、アーティストや作品の魅力を最大限に演出し、観る者の心に何かを訴えかける空間を創り出す人々にスポットを当てる。

今回は、現在「六本木ミュージアム」で開催中の『櫻坂46展「新せ界」』から、クリエイティブディレクターを務めた本信光理氏と、制作に加わったソニー・ミュージックソリューションズ(以下、SMS)の三上慶吾に話を聞く。坂道シリーズとしては、2019年に開催された『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』につづく開催で、衣装やCDジャケットなど、櫻坂46ならではのクオリティの高いクリエイティブを体験できる展覧会にするためにとった手法とは。

後編では、展示物一つひとつに込められた想いや、改めて感じた櫻坂46のグループとしての魅力を語る。

  • 本信光理プロフィール画像

    本信光理氏

    Motonobu Hikari

    五叉路株式会社

  • 三上慶吾プロフィール画像

    三上慶吾

    Mikami Keigo

    ソニー・ミュージックソリューションズ

櫻坂46展「新せ界」

櫻坂46展「新せ界」外観

2020年10月に、欅坂46から櫻坂46に改名したグループの歴史を辿り、これからの未来を示唆する展覧会。衣装やミュージックビデオ、CDジャケットなど、高いクオリティで知られる櫻坂46のこれまでのクリエイティブを公開する。本展覧会のために撮り下ろされた映像や、グループの振り付けを担当してきたTAKAHIROの私的メモなど、ここでしか観られない貴重な展示物が公開されている。「衣装-存在を支えるもの」「映像とダンス-記憶の残像レイヤー」「アートワーク-未来への羅針盤」「彼女らの痕跡-存在と不在の狭間」「大樹」「ヴィジョン-言葉の光」「新せ界」の7つの章から成る展示を体験できる。10月29日まで開催。

一つひとつの空間を串刺しするものがほしい

――(前編からつづく)展示は7つの章に分かれていて、グループの前史を振り返りつつ、過去から現在、未来まで辿るという道のりになっています。

三上:前史をどう見せるかはひとつのテーマでもありました。

本信:そうですね。櫻坂46の展覧会だけど、前身の欅坂46の時代も無視できない。必然性のある形で入れるというところを考えてました。

三上:そのバランスは苦心したところですね。

本信:それでOSRINさんには、「横に並んでる一つひとつの特徴的な空間を横に貫く串刺しのようなものがほしい」っていうお願いをしました。それである日、夜中の3時ぐらいにLINEのグループで「最後に桜の木があって、その根っこが全部を繋いでるようなイメージはどう?」という素晴らしいアイデアが出てきて。それをうまく形にできたのが良かったと思います。

本信氏、三上画像1

三上:同感です。根っこが今回の櫻坂46展の背骨になっていますよね。ファンの方々に何かを感じてもらえるよう、クリエイティブに落とし込んだ“根っこ”の演出によってブレークスルーできたかなと。

本信:ただ、あまりそこの部分を強く打ち出しすぎると主体がどんどんぼやけていっちゃうから、オフィシャル的には何もうたってないし、情報出しもしてない。見てくれるファンが感じ取ってくれたら良いなと。

とは言え、まったく感じ取ってくれなかったらまずいので(笑)、ある部分の解説文にはちょっとだけ入れてたりするんですね。匂わせてるのは本当にそこぐらいなんで、気づいてくれるかな? と思っていたら、ちゃんとそこを理解して、ストーリーを自分のなかで組み立て、感動して泣いてくれてる人が、SNSを見ると多くいて。きちんと伝わって良かったなとホッとしてますね。

――衣装のうしろにそびえ立つマジックミラーの壁面のサプライズ的な演出を含め、体験の多い展示になってますよね。

櫻坂46「新せ界」展示画像

本信:開会初日の朝に見に行ったんですけど、本当にみんな情報を知らないから、すごいびっくりしてる子たちがいて。

三上:「ギャー」って叫んでる子もいましたね(笑)。

本信:衣装のゾーンで涙を流してる子もいて。展覧会でそういう仕掛けをやって、観てくれる人のエモーショナルな部分にまで伝わるようなものを生み出すのは難しいんですよ。ただビジュアル的にカッコ良いってなりがちなところを、感情にきちんと訴えかけるような展示ができたっていうのは良かったです。

三上:ただ観るだけではなく、展示をどう昇華できるかという課題があったので、視聴覚を刺激するというか、来場者参加型の展示にしたいっていう話は最初からありましたね。

本信:衣装のところのある仕掛けは、bunri派の山口(涼)さんのアイデアなんですよ。あの仕掛けが本当にうまくいくかどうか、最初は読めなかった。明るさの微妙なバランスでうまくいかなかったりする可能性があったんです。会場でうまくいったとき、本人は倒れそうになってました。「良かった~」って。

――それほどプレッシャーがあったんですね。

本信:良いと思って進めたけど、「うまくいかなかったらどうしよう?」と、みんな思っていたので。今回はそんな展示や仕掛けが多いです。うまくいくのかな? 間に合うのかな? って。

本信氏画像1

三上:時間や予算など、いろんな制約のなかでどう見せるかみたいなところを試行錯誤していたので、材質や資材などはギリギリなところを攻めてますよね。

本信:本当に面白い材質を見つけてくるんですよ、山口さんが。そのたびにOSRINさんが「最高!」って。

普通なら日の目を見ないものを見せることができる

――映像のゾーンも見応えがあります。

三上:ソニーグループ内のメンバーにシステム構築及び機材調達周りを協力してもらうことができ、映像の中身に関しては、クリエイティブレーベルPERIMETRONチームと連携して、展示にふさわしい特別なものを制作しました。

本信:これは展覧会の醍醐味だと思ってるんですけど、普通なら日の目を見ないものを見せることができました。巨大モニュメントは35台のモニターで作られてますけど、特に真ん中にある映像群は、普段の練習の風景を撮ってた素材なんですね。

メイキングやドキュメント映画があったときに使えたら良いかなっていう感じで、ずっと撮られていた膨大な素材があって。5分ぐらいのものが何百個もあり、目を通すだけで、何日もかかるんですよ。そのなかで、ちょっとずつこう構成したら面白いんじゃないかみたいな映像を選り集めて、OSRINさんたちに作ってもらいました。

櫻坂46はコロナ禍のときに始まったグループだから、その映像を見るとずっとみんなマスクをしてるんですよね。それも含めて、普段の彼女たちの裏での修練の様子が見られる。その映像を真ん中にして、その外側に、もうちょっと大きなモニターでミュージックビデオが流れていて、さらにその外側には、コレオグラファーで、彼女たちにとってメンターのような存在のTAKAHIROさんのメモがある。彼女らを中心にして、その外側にクリエイティブが広がっていってるみたいな空間をうまく作り出せたと思います。

三上:そして、三期生が入ってきたので、何か見せられる映像を撮り下ろしできないかという話も出てきて。時期的にたしかメンバーがフランスに行く前だったのですごくバタバタしていて、とにかく制作は慌ただしくて大変でした。

三上画像1

本信:これをやってて間に合うのかというタイミングだったんですけど、OSRINさんが撮りたいと言って、グループの練習風景をひとりで撮りにいって。

三上:過去の素材だけじゃなく、撮り下ろしたものも入ってる。だから、映像で三期生の姿も見ることができるんです。

本信:キービジュアルを、一期生、二期生、三期生のメンバーでやったら良いんじゃないかって言ったのもOSRINさん。

三上:全員を出すことができないので、その制約のなかでどう表現するか。過去現在未来と、時が流れていくのをうまく表現できたと思います。

櫻坂46展「新せ界」キービジュアル

キービジュアルのモデルは、左から二期生の山﨑天、一期生の小林由依、三期生の谷口愛季が務めた

本信: 展覧会の準備の途中で、櫻坂46というグループに新しい風を吹き込んだ三期生が加入し、当初入れる予定ではなかったんですが、初めての楽曲「夏の近道」のミュージックビデオの裏側を入れることができました。最後のほうの垂れ幕でも、三期生の写真を入れていたりしますね。

――本信さんは内覧会でのマスコミ向け挨拶で、「ストーリー性を持って伝わるような展示構成になっている」、「エモーショナルな展示を伝えたい」と、“伝える”ということを強調していましたね。

本信:そうですね。実際、エモーショナルな展示になったのと同時に、観てくれる人たちが、ちゃんとそこを受け取ってくれるんだと思えたし、伝わってるなと実感することもできました。皆さん、櫻坂46のストーリーとともに展示物をつぶさに観てくれるんですよね。図録も多くの方が購入してくれたし、大事に読んでくれてる。エモーショナル、プラス櫻坂46のクリエイティブってやっぱりすごいんだっていうところも含めて、いろんなものが伝わって良かったなと思います。

櫻坂46は画になるグループ

――改めて、展示の最後のパートにもつながるタイトルに込めた想いをお聞かせください。このネーミングも展覧会の大きな柱になっているかと思います。

本信:うちの会社のプロデューサー的な立ち位置の人間から「『新世界』ってどうかな?」っていうアイデアが出てきて。僕的には、今回の展示は、過去の記憶が点在してる場所を旅するように歩くイメージだったんですね。異空間、異世界を歩いて、最後に未来に向かっていくような。

だから、何か場所っぽい言葉が良いよなと思ったんです。そこで「新世界」って言葉が響いて。そのときは普通の「新世界」だったんですけど、OSRINさんに「“世”を別の漢字にできないかな?」って言われて。でも、別の漢字でハマるものがなくて。

本信氏画像2

それで、“新世界”という文字を僕のほうで解釈し直したら、“世界”っていう言葉は、“世”が時間で、“界”は空間を表わしているんですよね。だから、時間を表わす“世”の形がだんだん変わって、ひらがなの“せ”になっていったというのは、まさに櫻坂46だなって思ったんですよ。

――メンバーの編成もグループ名も変化しつづけてきましたから。

本信:そうですね。時間とともに大きく形が変わっていった彼女たちの運命みたいなものを、タイトルにも背負わせられるなと思って。ひらがなの“せ”を象徴にして、展示の最後の小部屋に『新せ界』の「せ」が抜けたロゴを並べて、彼女たちの今の気持ちの表現として、それぞれに「せ」を書いてもらいました。タイトルの意味はもちろん、彼女たちが「せ」という文字を書く行為も含めて、この展覧会がうまく収まるんじゃないかなと思って。

三上:きれいに落ち着きましたよね。

本信:いろんな可能性がこの先の未来にあるぞっていうことで、「こんな“せ”になりたい」っていうイメージで書いてもらってるんですけど。

櫻坂46「新せ界」田村保乃展示

櫻坂46「新せ界」山﨑天展示

――この展覧会の制作を通して、改めて櫻坂46の魅力はなんだと感じましたか?

本信:やっぱり画になるんですよね。アーティスティックな匂いがするんですよ。メンバーの佇まいやポーズというところで、すごくクリエイターたちに愛されるグループだなと感じました。画になるし、決まるし、クリエイティブな匂いが出る子たちなので、クリエイターたちがアイデアの発揮のしがいがある。メンバー由来の何かがこのグループの空気感を作ってるんだなっていうふうに感じましたね。

三上:櫻坂46は、表現者として、アーティストとして、クリエイティブに真摯に向き合い、力を注いできました。クリエイターとの掛け算でいろんな化学反応が起きて、作品が生まれる。それを欅坂46のころから繰り返してきたことで、今の櫻坂46のブランドというか、櫻坂46らしさがあると思います。

三上画像2

――展示は10月29日までつづきますが、これから足を運ぼうとしている方々にはどんなふうに楽しんでほしいですか?

本信:あんまり何も考えずに、気負わずに観てほしいですね。必要以上に前情報を入れないで観るほうが楽しいのかなとも思うので、オフィシャルにはあまり情報を出さないようにしています。

三上:学生さんも含めて、クリエイティブなことに触れてみたいとか、ポップカルチャーに興味のある方には、衣装やアートワーク、映像は見応えがあると思うので、気軽にお越しいただきたいです。そして、ファンの方々には、櫻坂46の体温を感じてもらえる展示になっていると思いますので、隅々までじっくり観ていただきたいです。

本信:今回、2度観ても楽しい展覧会にしたいなという想いもあったんです。1回目はまっさらな気持ちで観て、そのあとにみんなの感想を知ってからまた観るというのも楽しいと思うんですよ。そういう展示物があったのかとか、そういう受け取り方もあるのか、って。あとからいろんな情報を知って、何度も観てみるというのは、SNSがある今っぽいものの見方かなと感じています。

三上:良いですね。観るたびに発見がある。また、展示会でしか手に入らないグッズもあります。まさに宝探しをするような感覚で楽しんでいただきたいです。

本信:遠方の方は2度も観に来るのは大変だとは思いますが、もし機会があれば1度ではなく、2回は観ていただけるとうれしいですね。

文・取材:永堀アツオ
撮影:冨田 望

関連情報

開催期間:2023年7月28日(金)~10月29日(日)
開館時間:10:00~20:00(最終入館19:30)
会場:六本木ミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)
入館料:一般・大学生:2,200円(前売)/2,400円(当日)
中学・高校生:1,200円(前売)/1,400円(当日)
小学生:800円(前売)/1,000円(当日)
※すべて税込
※6歳未満未就学児入場無料、障がい者手帳をお持ちの方は各半額となります。
※当日券は館内の滞留人数に余裕がある場合のみ、ミュージアムの窓口で販売します。
前売りチケット購入はこちら(新しいタブを開く)

関連サイト

『新せ界』公式HP
https://sakurazaka-shinsekai.com/(新しいタブを開く)
 
『新せ界』公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/Sakurazaka46S(新しいタブを開く)
 
『新せ界』公式Instagram
https://www.instagram.com/sakurazaka46s/(新しいタブを開く)

連載ミュージアム~アートとエンタメが交差する場所