キタニタツヤ、新曲「タナトフォビア」配信開始&ミュージックビデオ公開

2021.12.21

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

『BLEACH』の新作「獄頤鳴鳴篇」にインスパイアされた楽曲

キタニタツヤの新曲「タナトフォビア」の配信が開始され、ミュージックビデオが公開された。

「タナトフォビア」ミュージックビデオ

「タナトフォビア」は、今年「週刊少年ジャンプ」誌上で発表された『BLEACH』の新作「獄頤鳴鳴篇」をテーマにして書き下ろされており、原画展『BLEACH EX.』内で展示されている映像用のイメージソングとして提供。国内外で多数の支持を集める映像作家、YKBXが制作した久保帯人描き下ろしイラストを用いた映像が付けられて展示されている。

週刊少年ジャンプで『BLEACH』の連載が開始されてから20周年を記念して行なわれている『BLEACH EX.』は、2022年1月16日(日)まで、渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールで開催。また、原画展『BLEACH EX.』のテーマソングとして書き下ろされ、11月23日にリリースされたされた楽曲「Rapport」は、日本のみならず海外からも大きな反響を受けている。

『BLEACH EX.』公式プロモーションビデオ第2弾

【キタニタツヤ コメント】
死は想像するより近くに在る。生と死の境は曖昧で、「地獄」は日常の延長線上にある。獄頤鳴鳴篇によって、一護達もそれを見守る私達も、その重い事実を突きつけられた。自らが一直線にそこへ向かう存在であること、残された時間がそう多くないこと。普段無意識に隠蔽し、考えることを拒んでいる事実だ。
しかし死を恐れ先を憂い、無為に過ごした時間の山を前に悔いる過程を経て、人はより良い今日と明日を生きるべく努めることができるのだと思う。
あなたの未来、そしてBLEACHの未来を祝福するための、地獄からの使いの音楽です。楽しんでいただけますように!

 

キタニタツヤ

1996年生まれ。
 
バンド活動をしながら、2014年ごろからボカロP「こんにちは谷田さん」としてネット上に楽曲を公開し始める。その後、高い楽曲センスが買われ作家としてさまざまなジャンルのアーティストに楽曲提供を行なうとともに、自身名義のソロ活動もスタート。ソロ作品は、TOWER RECORDSの“タワレコメン”や“NE(X)T BREAKERS”、SPACE SHOWERの“RETSUDEN NEW FORCE”などに軒並み選出される。
 
そのほか、『ヨルシカ』のサポートメンバーとしての参加や、バンド『sajou no hana』のメンバーとして有名アニメーションのタイアップ曲を数多く手掛けるなど、シーンを選ばずその才能を発揮しつづけている。

リリース情報

「タナトフォビア」
配信日:12月18日(土)
配信・再生はこちら
各種キャンペーン詳細はこちら

「Rapport」
配信日:11月23日(火)
配信・再生はこちら

「Rapport」ミュージックビデオ

デモ楽曲“流出”企画「Leaks From His Laptop」第3弾
「キュートアグレッション」
配信日:12月15日(水)
配信・再生はこちら

「聖者の行進」
発売日:8月18日(水)
購入はこちら
配信・再生はこちら

「聖者の行進」ミュージックビデオ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket

ニュースソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレーベルズの関連記事Stories

公式SNSをフォロー

ソニーミュージック公式SNSをフォローして
Cocotameの最新情報をチェック!